現在位置:  トップページ > 市政を身近に > 施策・計画 > 市の計画 > 学校用務の段階的アウトソーシング(外部委託)化


ここから本文です。

学校用務の段階的アウトソーシング(外部委託)化

ページ番号 1023632 更新日  令和5年12月22日

学校用務の段階的アウトソーシング(外部委託)化

市では、令和3年8月策定「財政健全経営計画(実行プラン)」において、市内小中学校19校が、今後も学校環境を維持し、安定した学校運営ができるように、用務業務と小規模修繕を一括して外部委託していくこととし、「学校用務の段階的アウトソーシング化」を掲げました。これを受け教育委員会では、学校用務の委託化に向けた方針を取りまとめ、令和4年度からは9校(小学校3校、中学校6校)で委託を実施し、6年度からは残り10校の委託実施を予定しました。

全校委託化に向けたスケジュール等の見直し

令和4年度から開始した学校用務の委託化では、既導入校における業務実績やさまざまな検証を踏まえ、次年度以降の業務内容では、修繕等にかかる対応の一部見直しを図った上で、残り10校への導入については、令和5年8月改訂「財政健全経営計画(実行プラン)」において、令和6年度から7年度の2か年間で、順次拡大する見直しを行いました。

図 全19校の委託実施までのスケジュール予定

図 全19校の委託実施までのスケジュール予定

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

教育部 教育総務課
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7775 ファクス:042-470-7811
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る



Copyright © Higashikurume city. All rights reserved.