エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > よくあるご質問 > 届出・税・保険・年金 > 国民健康保険 > 脳脊髄液減少症の治療には保険が使えますか?


ここから本文です。

国民健康保険 よくある質問

ページ番号 1006632 更新日  平成28年4月1日

質問脳脊髄液減少症の治療には保険が使えますか?

回答

脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)とは、交通事故、スポーツ外傷、転倒、出産など体への衝撃によって脊髄の硬膜が破れ、脳脊髄液が漏れだし、頭痛やめまい、全身倦怠感など様々な全身症状が現れる疾患と言われています。診断や治療法確立のため国の研究班において医学的な解明が進められ、ブラットパッチという硬膜外自家血注入療法が先進医療として平成24年7月から認められてきましたが、平成28年4月から保険適用が開始されました。

このページに関するお問い合わせ

福祉保健部 保険年金課 国民健康保険係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7733 ファクス:042-470-7805
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る