エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > 税・保険・年金 > 介護保険制度 > 税控除関係


ここから本文です。

税控除関係

ページ番号 1014482 更新日  令和1年12月25日

介護保険制度で税控除を受けるための書類の発行について

障害者控除の認定書

所得税の確定申告や市民税・都民税の申告を行う際に、障害者控除を受けるために使用する「障害者控除対象者認定書」を発行します。

【対象】次の1~3のすべてに該当する方

  1. 介護保険の要介護・要支援認定を受けている方
  2. 知的障害者(軽度・中度・重度)又は身体障害者(1級~6級)に準じる方
  3. 12月31日現在、市内在住の65歳以上の方

【ご注意】障害者手帳などをお持ちの方も、障害者控除を申告することができますが、介護認定に基づく「障害者控除対象者認定書」の内容によっては、障害者手帳を提示した場合より大きな控除(特別障害者控除)が受けられる場合があります。

詳しくは介護福祉課へお問い合わせください。

おむつ代を医療費控除として申告するための書類

寝たきり状態などのために使用しているおむつ代を医療費控除の対象として申告する場合、医師が発行する「おむつ使用証明書」が必要です。

主治医意見書の内容を確認した書類で代用できる方

おむつ代を医療費控除として申告するのが2年目以降の場合は、市が発行する「主治医意見書の内容を確認した書類」で代用できます。

【対象】次の1~3のすべてに該当する方

  1. 昨年度もおむつ代を医療費控除として申告している方で、次年度の税申告でも、引き続きおむつ代を医療費控除として申告する方
  2. 介護保険の要介護・要支援認定を受けている方
  3. 主治医意見書の内容により、「寝たきり状態にあること」および「尿失禁発生の可能性があること」が確認できる方

※該当しない方は、医師から「おむつ使用証明書」の発行を受けてください。

詳しくは介護福祉課へお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

福祉保健部 介護福祉課 介護サービス係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7750 ファクス:042-470-7808
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る