エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > 環境・ごみ > ごみと資源物 > ごみと資源物の出し方 > 紙類


ここから本文です。

紙類

ページ番号 1000829 更新日  平成30年1月10日

新聞・チラシ

新聞・チラシのイラスト

袋に入れるか、ひもで縛って出してください。

ダンボール

ダンボールのイラスト

ガムテープや金具をはずし、平らにしてひもで縛って出してください。

雑誌・雑がみ

雑紙のイラスト

  • 雑誌やノート、本などは、ひもで十字に縛って出してください。細かい紙は雑誌などにはさんでください。
  • お菓子やティッシュの空き箱などの雑がみは、紙袋に入れて、十字に縛って出してください。
  • シュレッダーした紙はビニール袋か紙袋に入れて、袋の口をとめて「シュレッダー紙」と表示をして出してください。

※雑がみとは、新聞やダンボールを除いた汚れや臭いのついていない再利用できる紙類のことです。

(例)雑誌、カタログ、パンフレット、投げ込みチラシ、トイレットペーパーやラップの芯(つぶす)、お菓子・ティッシュペーパーの箱(ビニールをはがす)、封筒、はがき(写真印刷や圧着されていないもの)、ノートやメモ用紙、包装紙

出し方

注意点

  • ポリバケツなどの容器には入れずに出してください。
  • 新聞、雑誌・雑がみ、ダンボール、紙パックの4品目にきちんと分別してください。

◎雨の日も回収は行います。

地域の集団回収や、販売店の回収に積極的に参加してください。

平成29年7月より戸別収集(建物ごとの収集)を実施しています。

出せないもの

感熱紙、カーボン・ノンカーボン紙、ティッシュ、写真、アルバム、ワックス加工紙、合成紙、ピザの箱、ドロや油で汚れた紙、紙類の洗剤容器、線香・たばこの空き箱などの臭いのついた紙 等

上記のものは燃やせるごみへ。

このページに関するお問い合わせ

環境安全部 ごみ対策課 業務係
〒203-0042 東京都東久留米市八幡町2-10-10
電話:042-473-2117 ファクス:042-477-6755
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る