エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > 環境・ごみ > ごみと資源物 > ごみと資源物の出し方 > 小型充電式電池の出し方について


ここから本文です。

小型充電式電池の出し方について

ページ番号 1013815 更新日  令和1年8月28日

小型充電式電池とは

何度も繰り返し充電して使える電池のことで、ニカド電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池などの種類があります。それぞれの電池には、次の画像のようなリサイクルマークが付けられています。

小型充電式電池のリサイクルマーク

小型充電式電池は「資源の有効な利用の促進に関する法律」によって、小型充電式電池のメーカーおよび小型充電式電池を使用した機器のメーカーに回収・リサイクルが義務付けられています。

小型充電式電池が使用されている製品(主な製品の例)

小型充電式電池は、主に以下のような製品に使用されています。

  • ラジコンカーなどの玩具
  • ノートパソコン
  • デジタルカメラ
  • ビデオカメラ
  • 電動シェーバー
  • 電動歯ブラシ
  • コードレス電話機

小型充電式電池の捨て方

小型充電式電池の回収・再資源化は、電池メーカー・電池使用機器メーカー等の参加によって設立された「一般社団法人JBRC」が推進しています。使用済みの小型充電式電池を捨てる際は、使用機器から小型充電式電池を取り外し、ビニールテープ等で+極とー極を絶縁のうえで、お近くの「リサイクル協力店」にお持ちください。

また、令和元年8月22日より、東久留米市ごみ対策課(八幡町二丁目10番10号)でも小型充電式電池の回収を開始いたしましたので、開庁時間内にお持ちいただくことが可能です。

なお、お近くの「リサイクル協力店」は、以下のホームページから検索ができます。

使用機器から小型充電式電池が取り外せない場合の出し方

使用機器から小型充電式電池を取り外せない場合、小型充電式電池の「リサイクル協力店」にはお持ちいただくことができません。

そのような場合、使用機器ごと「小型廃家電類」として、市内の小型家電回収ボックスにお出しください。(小型家電回収ボックスに入らないサイズのものは粗大ごみとなります。)

戸別収集のごみ・資源に入れないでください

小型充電式電池および小型充電式電池の使用機器を「燃やせないごみ」や「容器包装プラスチック」などとしてお出しになった場合、リチウムイオン電池が収集車や中間処理施設などで発熱・発煙・発火などの事故を引き起こす可能性があるほか、ニカド電池やニッケル水素電池であっても、液漏れ等による収集作業員のケガを引き起こす可能性があります。

安全な収集とリサイクルのために、必ず「リサイクル協力店」または「小型家電回収ボックス」へお出しいただきますよう、市民の皆様のご協力をお願いします。

 

このページに関するお問い合わせ

環境安全部 ごみ対策課 管理係
〒203-0042 東京都東久留米市八幡町2-10-10
電話:042-473-2117 ファクス:042-477-6755
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る