エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > 税・保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > マイナンバーの利用について


ここから本文です。

マイナンバーの利用について

ページ番号 1006038 更新日  平成29年7月20日

平成28年1月から申請・届出に「マイナンバー(個人番号)」の記入が必要になります

平成28年1月から個人番号の利用が始まります。これにより、後期高齢者医療制度における各種手続きの際、個人番号欄がある申請・届出書にはマイナンバー(個人番号)の記入と通知カード等の提示が必要になります。

マイナンバーの記入が必要となる主な申請・届出

  • 資格の取得・喪失の届出
  • 被保険者証等の再交付申請
  • 基準収入額適用申請
  • 限度額適用・標準負担額減額認定の申請
  • 補装具など療養費の支給申請
  • 高額療養費の支給申請
  • 高額介護合算療養費の支給申請

マイナンバーの記入が必要な申請・届出には本人確認が必要です

マイナンバーの記入が必要な申請・届出時には、本人確認のため「番号確認」と「身元確認」ができる書類が必要です。

「番号確認」の書類

個人番号カード、通知カード、個人番号が記載された住民票の写しなど

「身元確認」の書類

次のいずれか1点

運転免許証、パスポート、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書など

次のいずれか2点以上

公的医療保険の被保険者証、年金手帳、介護保険被保険者証、官公署から発行された書類(氏名、生年月日又は住所が記載されているもの)など

※代理人の方が申請・届出をする際に別途必要な書類につきましては、保険年金課高齢者医療係までお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

福祉保健部 保険年金課 高齢者医療係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7846 ファクス:042-470-7805
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る