エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > よくあるご質問 > 届出・税・保険・年金 > 市税 > 固定資産税 > 固定資産税が急に高くなったのですが。


ここから本文です。

固定資産税 よくある質問

ページ番号 1002564 更新日  平成27年4月3日

質問固定資産税が急に高くなったのですが。

回答

質問詳細

私は、平成23年9月に住宅を新築しました。ところが、平成27年度分から税額が急に高くなっています。なぜでしょうか。

回答

新築の住宅につきましては、3年間の固定資産税の減額措置が設けられており、一定の要件にあたるときは、新たに固定資産税が課税されることになった年度から3年分に限り、家屋分の税額が減額されます。
したがって、あなたの場合は、平成24・25・26年度分につきましては税額が減額されていたわけですが、その措置が切れたことによって、軽減前の本来の税額に戻ったということになります。
その要件、期間、減額内容の詳細については、以下のリンク先「新築家屋等に対する減額措置」をご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

市民部 課税課 家屋資産税係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7727 ファクス:042-470-7806
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る