エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > よくあるご質問 > 届出・税・保険・年金 > 市税 > 固定資産税 > 年の途中で土地の売買があった場合の固定資産税は。


ここから本文です。

固定資産税 よくある質問

ページ番号 1002563 更新日  平成27年3月21日

質問年の途中で土地の売買があった場合の固定資産税は。

回答

質問詳細

私は、平成26年11月に自己所有地の売買契約を締結し、平成27年3月には買主への所有権移転を済ませました。平成27年度の固定資産税はだれに課税されますか。

回答

平成27年度の固定資産税は、あなたに課税されます。地方税法の規定により、土地については賦課期日(毎年1月1日)現在、登記簿に所有者として登録されている方に対し当該年度分の固定資産税を課税することになっているからです。

このページに関するお問い合わせ

市民部 課税課 土地資産税係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7726 ファクス:042-470-7806
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る