エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > よくあるご質問 > 届出・税・保険・年金 > 戸籍の届出・証明書 > 離婚しても結婚していたときの氏(姓)をそのまま名乗ることはできますか。


ここから本文です。

戸籍の届出・証明書 よくある質問

ページ番号 1002497 更新日  平成27年3月24日

質問離婚しても結婚していたときの氏(姓)をそのまま名乗ることはできますか。

回答

離婚届と同時、もしくは離婚の日から3カ月以内に限り「離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2の届)」を届出することによって婚姻中の氏(姓)を名乗ることができます。
離婚の日から3カ月を越えた場合は家庭裁判所の許可がなければ、氏を変更することはできません。また、一旦この届出をしたあとで旧姓に戻りたい場合、離婚の日から3カ月以内であっても家庭裁判所の許可が必要となります。

このページに関するお問い合わせ

市民部 市民課 戸籍係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7722 ファクス:042-470-7805
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る