現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > 税・保険・年金 > 市税 > 個人住民税 > 市民税・都民税(個人住民税)のあらまし > 上場株式等に係る所得の課税方式の選択について


ここから本文です。

上場株式等に係る所得の課税方式の選択について

ページ番号 1018971 更新日  令和4年1月21日

上場株式等の配当所得及び譲渡所得に係る課税方式(申告不要制度・申告分離課税・総合課税)について、申告書を提出することにより、所得税と市民税・都民税(以下 住民税)で異なる課税方式を選択することができます。

対象となる配当所得等及び譲渡所得等

所得税15.315%(復興特別所得税分含む)と住民税5%の合計20.315%の税率であらかじめ源泉徴収(特別徴収)されているもの
※所得税20.42%の税率で源泉徴収されているものは対象ではありません。

提出方法

次の書類を提出してください。

  1. 市民税・都民税申告書 
  2. 特定配当等・特定株式等譲渡所得金額申告書
  3. 確定申告書(付表等含めすべて)の控えの写し
  4. 配当所得等・譲渡所得等に係わる書類(特定口座年間取引報告書の写し・配当の支払通知書)
確定申告書で「特定配当等(・特定株式等譲渡所得)の全部の申告不要」を選択した方は、市への手続きは不要です。

提出先

次のいずれかの方法で提出してください。

  • 市役所本庁舎課税課窓口
  • 郵送

郵送での提出先

203-8555 東京都東久留米市本町三丁目3番1号

東久留米市役所 市民部 課税課 市民税係

提出期限

市民税・都民税納税通知書(税額決定通知書)が送達される前まで
※申告期限(3月15日)までの提出にご協力をお願いいたします。
 

注意事項

  1. 所得税と住民税での異なる課税方式の選択は、源泉徴収口座ごとに選択することができます。同一の源泉徴収口座内で、上場株式等の譲渡損失と上場株式等の配当所得等で損益通算されている場合は、配当所得等のみを申告不要とすることはできません。
  2. 住民税の源泉徴収税額の記載に誤りがあるなど、上場株式等の所得と判断がつかない場合は、確定申告書の内容で住民税を課税することがありますので、あらかじめご了承下さい。
  3. 扶養控除や配偶者控除などの適用、住民税の非課税判定、国民健康保険税や後期高齢者医療保険料、介護保険料などの算定に影響が出る場合があります。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

市民部 課税課 市民税係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7777 普通徴収担当(内線2333~2335)、特別徴収担当(内線2336、2337)、軽自動車税担当(内線2331、2332) ファクス:042-470-7806
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る



Copyright © Higashikurume city. All rights reserved.