エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 市政を身近に > 行財政 > 行政評価 > 行政評価一覧 > 施策評価表の考え方


ここから本文です。

施策評価表の考え方

ページ番号 1005638 更新日  平成29年10月13日

施策評価表の公表

東久留米市では、市民の視点に立った成果重視の行政運営を実現するとともに、市民に対する説明責任を果たすため、行政評価制度に取り組んでいます。その一環として、今年度に作成した施策評価表を公表します。

行政評価の目的は…

市が取り組んでいる行政評価の目的は大きく4つに分けられます。

  1. 市が行っているそれぞれの仕事の目的を明確にして、どれだけ成果が達成できたかを把握します。その上で、より効果的、効率的な改革改善を図り、健全な行政運営を目指していきます。
  2. 市民の視点に立って仕事を評価することで、市民のニーズや社会情勢の変化に対応した行政サービスを行っていきます。
  3. 市の行っている仕事を行政評価結果として市民の皆さんに公表して、市政の透明性を高め信頼される行政運営を図ります。
  4. 職員がそれぞれの仕事の目的・成果や仕事にかかる費用を意識し、課題を解決する能力を身につけるようにしていきます。職員の意識改革を図りながら、市行財政の体質改善を行います。

東久留米市第4次長期総合計画との関係は…

魅力ある安定したまちづくりを実現するため、市では23年度より第4次長期総合計画に基づいて業務を行っています。行政評価制度は、長期総合計画に沿って政策、施策、事務事業を体系化して評価を行っています。

関係図

施策評価の概要

施策は、政策の目的を達成するための課題を示したものであり、施策の成果指標の設定、基本事業(施策を実現するための基本的な事業)における現状と課題及び30年度に向けての方向性並びに施策における30年度に向けての方向性を示したものです。成果指標は施策の達成度合いを把握するために、どのくらい市民サービスが向上したか、まちづくりが進んでいるかといった視点で設定しています。この実績は、様々な統計調査の数値などから把握しています。また、30年度に向けた施策方針では、28年度を振り返って基本事業等を評価しながら、現状を踏まえた当面の課題を確認し、今後どのようにして課題を解決し、施策としての成果を向上していくかを検討しました。

施策評価表はここからご覧いただけます

それぞれの施策評価の結果と30年度に向けた方針を施策評価表にまとめたものです。ご覧いただく場合は、次の項目をクリックしてください。表はPDFファイルになっています。

資料閲覧場所

行政管理課(市役所4階)、市役所1階の市政情報コーナー、中央・滝山・東部・ひばりが丘の各図書館で、ご覧いただけます。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

企画経営室 行政管理課
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-8031 ファクス:042-470-7804
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る