エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 市政を身近に > 行財政 > 行政評価 > 行政評価一覧 > 事務事業評価の考え方


ここから本文です。

事務事業評価の考え方

ページ番号 1005563 更新日  平成29年8月14日

市では、市民の視点に立った成果重視の行政運営を実現するとともに、市民に対する説明責任を果たすため、平成14年度から行政評価制度に取り組んでいます。その一環として、全ての事業を対象に「事務事業評価」を実施していますが、このたび平成29年度事務事業評価表(平成28年度振り返り)がまとまりましたので、公表いたします。

事務事業評価の考え方

事務事業評価は、前年度の活動実績を把握し(DO)、その実績を踏まえて評価を行い(CHECK)、そこから改革や改善の視点を考え(ACTION)、翌年度の予算や計画に反映させる(PLAN)というマネージメントサイクルを行政内部に定着させるもので、市の行っている全ての事業の評価を行いました。

行政評価図

事務事業評価表の見方

施策評価表、事務事業評価表、外部評価はこちらからご覧いただけます

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

企画経営室 行政管理課
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-8031 ファクス:042-470-7804
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る