エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 市政を身近に > 施策・計画 > 市の計画 > 東久留米市財政健全経営計画 > 財政健全経営に関する基本方針


ここから本文です。

財政健全経営に関する基本方針

ページ番号 1005220 更新日  平成27年9月1日

財政健全経営に関する基本方針を取りまとめました

 市では、厳しい財政運営が続く中、「夢と希望の持てる元気なまち」の実現のため、27年3月に安定した財政運営と効率的な市政運営に向けて、本市の行財政改革の取り組むべき方向性を示す財政健全経営に関する基本方針(以下、基本方針)を取りまとめました。

 取りまとめにあたり、26年5月に学識者及び公募市民等10人の委員で構成される「財政健全経営検討会議」を設置し「財政健全経営に係る基本的考え方」について諮問し、26年11月11日に答申をいただきました。この答申を受けて27年1月7日から27日まで市民意見聴取を行い、1月25日に市民意見交換会を開催しました。あわせて、行財政改革推進本部でも議論をしてきました。

 基本方針の内容は、検討会議からの答申を尊重し、市民の皆様からのご意見等も踏まえ、取りまとめました。厳しい財政運営において、将来に渡り持続可能な市政運営を目指すため、自治体の経営目標として「財政調整基金の水準、運用に関する目標」、「基礎的財政収支を通じた財政規律の保持」を目標に掲げています。また、「財政身の丈の市政運営」のもと行政評価制度を行財政改革のツールとして、外部評価の位置づけ等も整理しながら再構築し、市政運営、そして行財政改革推進の担い手である職員の育成に向けて方向性を整理しています。

 また、行財政改革を推進していくための視点として、歳入の確保、歳出の抑制、民間活力の導入による行政サービスの維持向上及び補助金等の適正化について、現状を受けて方向性を示しています。加えて、公共施設の老朽化対策として、社会資本の効率的整備、安定した税収確保等のための取組みとして、地域活力の向上についての考え方を示しております。

 今後、基本方針を受けて、8月までに具体的な行動計画を示す実行プランの策定を予定しています。基本方針と実行プランが一体となり、「財政健全経営計画」として取りまとめてまいります。

 なお、基本方針は、市政情報コーナー(市役所2階)、行政管理課(市役所6階)、中央・滝山・東部・ひばりが丘の各図書館、下里・南町の各コミュニティ図書室、野火止地区センター図書室でも、ご覧いただけます。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

企画経営室 行政管理課
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-8031 ファクス:042-470-7804
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る