エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > 子育て > 保育所・家庭的保育施設・小規模保育施設・認証保育所 > 認可保育所 > 保育所とは


ここから本文です。

保育所とは

ページ番号 1003655 更新日  平成28年4月5日

保育所とは

保育所(保育園)は、保護者が仕事や病気その他の理由で、子どもの保育が出来ない場合に、日々保護者に代わって保育することを目的として設置された児童福祉法による施設です。

対象

保育所の入所の対象となる子どもは保育を必要としているということが条件で、保護者のいずれもが、次のいずれかの事情にあり、かつ、同居人の方に保育できる者がいないと認められる場合に限ります。

保育を必要とする理由(保護者それぞれが以下の事由のいずれかに該当することが必要です。)

  • 家庭の外または中で仕事をしている場合
    ※月に48時間以上(目安は週3日以上1日4時間以上)就労していることが最低基準となります。
  • 出産前後の場合(出産予定月とその前後2か月間の計5か月以内)
  • 病気、負傷、障害がある場合
  • 長期療養中や障害のある方の看護、介護にあたっている場合
  • 災害(火災・震災・風水害等)の復旧にあたっている場合
  • 求職活動(企業準備を含む)を行っている場合で保育所利用開始後の3か月以内に就労開始する場合
  • 仕事が決定している場合で利用開始月の月末までに就労を開始する場合
  • 就学している場合(職業訓練校・大学・専門学校等)
    ※カルチャーセンターや、通信教育での学習は要件となりません。
  • 育児休業取得中に、すでに保育を利用している子どもがいて、継続利用が必要である場合
  • 保護者がいない場合
  • その他、上記に類する状態として市が認める場合

申し込みの手続き

  1. 「保育所入所のしおり」や申請書類等をご用意ください。
    ※申請書類等はホームページからダウンロードしていただくか、子育て支援課窓口でのお渡しとなります。
  2. 申請書類及び保育の必要性を証明する書類等を揃えて、子育て支援課窓口にご提出ください。

4月の入所申請

4月の入所申請が新年度の初回の申請になります。
必ず新年度版の「保育所入所のしおり」をご確認の上、新年度用の申請書類でお申し込みください。

  • 新年度版「保育所入所のしおり」配付開始時期
    11月上旬から
  • 入所申請受付期間
    1次入所申請:11月下旬から12月上旬
    2次入所申請:2月上旬から約2週間
    ※2次入所申請における利用調整は欠員に伴う調整となります。
申請受付期間の詳しい日程は、11月及び12月の「広報ひがしくるめ」やホームページでお知らせを予定しています。

5月以降の入所申請

5月以降も毎月申請を受け付けています。
なお、2月1日が年度最後の入所となります。3月は入所を行っておりませんのでご注意ください。

【入所申請期間】
入所希望月の前月1日から15日まで
(土曜・日曜日の場合は月曜日、祝日の場合は翌日となります。また正午から午後1時は受け付けしておりませんのでご注意ください。)

障害児保育申請

  1. 「保育所入所のしおり」や申請書類等をご用意ください。
    ※障害児保育申請に関わる書類のお渡しは、子育て支援課窓口のみとなります。
  2. 申請書類及び保育の必要性を証明する書類等を揃えて、子育て支援課窓口までお越しください。
    【入所申請期間】
    入所希望月の前月1日が申請締切日
    (締切日が土曜・日曜日の場合は月曜日、祝日の場合は翌日となります。また正午から午後1時は受け付けしておりませんのでご注意ください。)
    例)5月1日入所希望の場合は、4月1日までにお申し込みとなります。

入所利用調整

保育所は定員等の事情により、対象となる子どもがすべて入所できる訳ではありません。
このため状況調査を行い、保護者の保育の必要性を証明する書類から指数をつけ、指数の高い方から欠員に応じて入所を決定します。
なお、現在市では待機児解消に向け、保育所入所については、原則的に市内居住者を優先しています。

保育時間

保育時間は、あらかじめ保育支給認定で決定された保育時間区分をもとに、保育所と保護者間で決定します。
決定される保育時間は、保護者の勤務時間と通勤時間を合わせた時間となります。
買い物の時間や、通勤時間・勤務時間以外の趣味の時間等は保育時間に含まれておりませんのでご注意下さい。

利用者負担額の負担

入所が決定すると世帯の所得の状況によって、利用者負担額を負担していただきます。
利用者負担額は、市民税額の世帯合計と、入所児童の年齢をもとに算定します。
公立、公設民営、私立ともに同額です。
なお、入園後、年度の途中で年齢が変わっても利用者負担額は変わりません。
複数児が通園している場合は、2人目以降の保育料が減額されます。(28年4月から、ひとり親等世帯で市民税所得割課税額が77,101円未満の場合は、1人目が半額、2人目以降は無料)

その他

保育所に入所するには、子どもが保育を必要としていることが必要ですから、その必要性がなくなった時(勤めを辞めたり、病気が治った時)は、年度途中でも退所していただくことになります。

母親が出産を控えているということで入所された場合の入所期間は、出産予定月をはさんで前後2カ月の合計5カ月間です。引き続き入所を希望する場合は、再度入所申し込みしていただくことになります。

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部 子育て支援課 保育・幼稚園係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7745 ファクス:042-470-7807
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る