エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > 環境・ごみ > 生活・自然環境 > 環境保護 > 雨水貯留浸透施設(ます)設置補助


ここから本文です。

雨水貯留浸透施設(ます)設置補助

ページ番号 1000806 更新日  平成27年3月21日

宅地内の雨水を地下へ浸透させましょう(既存住宅が対象です)

雨水を地下に浸透させることは、河川への流出を減らす治水効果と、地下水の涵養(かんよう)などの環境保全に効果が期待されます。雨水浸透施設には、屋根に降った雨水を地下へ戻すための「雨水浸透ます」による方法が一般的です。また、集合住宅等の大きな建物については、「雨水浸透人孔(こう)」や「浸透トレンチ管」などがあります。雨水を自然へ戻すため、雨水浸透施設の設置にご協力ください。

地中に雨水を浸透させることにより次のような効果があります。

  1. 湧水、清流の復活
  2. 緑の育成、保全
  3. 河川の氾らん防止
  4. 地盤沈下の防止
  5. 都市気温の上昇防止
  6. 蚊の発生防止

設置補助について

市では、雨水浸透ますを設置する方への設置補助を行っています。ご希望の方は、市指定下水道工事店または環境政策課(市役所5階)へご相談ください。

補助対象者

敷地が1,000平方メートル未満の既存の個人住宅(新築、増築等を除く一般住宅)を所有する方

補助金額

設置状況により、経費の全部または一部

参考(工事費単価)

  • 種類(300型):26,000円
  • 種類(250型):23,000円

注意:換算屋根面積:一基につき35平方メートルまでとする。

申請の手順

  1. 市指定下水道工事店または環境緑政課へ連絡。
  2. 現地調査の実施(地下水位の高い所やスペース不足等で設置できない場所もあります)。
  3. ますの数量を決定。
  4. 市指定下水道工事店が工事の申請を行う。

浸透ますの構造

雨水浸透のしくみ

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

環境安全部 環境政策課 緑と公園係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7753 ファクス:042-470-7809
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る