エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > よくあるご質問 > 生活環境 > ごみ > 柳泉園組合でごみを焼却する時のダイオキシンの発生について知りたい。


ここから本文です。

ごみ よくある質問

ページ番号 1002666 更新日  平成27年4月1日

質問柳泉園組合でごみを焼却する時のダイオキシンの発生について知りたい。

回答

柳泉園組合では、ダイオキシン類の発生を抑えるような施設の改良を行い、焼却炉でごみを850度以上で燃やし、ダイオキシン類を分解します。焼却炉から出た排ガスは、減温塔で一気に150度に冷やされ、バグフィルタや脱硝反応塔という設備をとおして排出しています。
排ガスや排水など定期的にダイオキシン類の調査を行っています。
調査結果については、柳泉園組合のホームページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

環境安全部 ごみ対策課 業務係
〒203-0042 東京都東久留米市八幡町2-10-10
電話:042-473-2117 ファクス:042-477-6755
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る