現在位置:  トップページ > 市政を身近に > 施策・計画 > 市の計画 > 長期総合計画 > 東久留米市第5次長期総合計画 > 東久留米市第5次長期総合計画 基本構想・基本計画


ここから本文です。

東久留米市第5次長期総合計画 基本構想・基本計画

ページ番号 1017092 更新日  令和4年3月29日

長期総合計画とは

東久留米市第5次長期総合計画は、基本構想・基本計画から構成され、東久留米市における長期的かつ総合的なまちづくりの指針として、最上位に位置づけられるものです。

基本構想について

東久留米市第5次長期総合計画の基本構想については、公募市民、学識経験者、公共的団体等の代表者からなる総勢15人の委員による東久留米市長期総合計画基本構想審議会にて、平成31年2月1日より審議をいただき、令和2年7月20日に答申をいただきました。答申をもとに策定した東久留米市第5次長期総合計画基本構想は、令和2年第3回定例会にて可決となりました。

基本構想の役割

基本構想は、東久留米市がめざすまちの将来像やまちづくりの基本理念を示すとともに、それを実現するための施策の大綱を明らかにするものであり、計画的な行政運営の指針となるものです。

基本構想の目標年次

基本構想の目標年次は、令和12(2030)年とします。

基本計画について

基本計画の趣旨

基本計画は、基本構想に掲げたまちの将来像「みんないきいき 活力あふれる 湧水のまち 東久留米」の実現に向けて、基本的な施策を体系的に取りまとめたものです。各基本的な施策に基本的な事業を位置づけ、各基本的な事業における現状と課題を踏まえて取り組みの基本的な方向性を示しています。

また、各分野の個別計画等に位置づけられた計画の主なもの、施政方針等で示されたもの、制度改正による行政課題などを整理し、基本計画を補完する資料として、予定計画事業を取りまとめています。予定計画事業は適宜、個別計画や予算等と整合させるため、ローリングを実施しています。

なお、各分野における個別計画は、基本計画との整合性を図り、推進します。

基本計画の期間

基本計画の期間は、基本構想の目標年次である令和12年までの10年間のうち前期5年間にあたる令和3年度から令和7年度とします。

なお、後期5年間の計画については、法令の改正、社会・経済情勢や市民ニーズの変化に加え、前期基本計画の進捗状況などを勘案するなかで見直しを行うものとします。

予定計画事業について

予定計画事業とは、各分野の個別計画等に位置付けられた計画の主なもの、施政方針等で示されたもの、制度改正による行政課題などを整理し、基本計画を補完する資料として取りまとめたものです。

今後も適宜、個別計画や当初予算案と整合させるため、ローリングを実施していきます。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

企画経営室 企画調整課
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7702 ファクス:042-470-7804
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る



Copyright © Higashikurume city. All rights reserved.