現在位置:  トップページ > 市政を身近に > 市の紹介 > 寄附について(ふるさと納税等) > ふるさと納税について


ここから本文です。

ふるさと納税について

ページ番号 1015416 更新日  令和2年12月11日

ふるさと納税について

東久留米市の概要

東久留米市は都心から北西へ約24キロメートルの武蔵野台地のほぼ中央に位置し、利便性の高い住宅都市として発展を続けております。
一方で東京都内で唯一「平成の名水100選」に選ばれた「落合川と南沢の湧水群」に代表される豊かな水環境にも恵まれております。
「関東の富士見百景」に選ばれている東久留米駅屋外にある富士見テラスからは、西に向かって真っすぐ伸びる「マロニエ富士見通り」の先に富士山が眺望できます。特に冬の季節は美しい姿が眺められ、ダイヤモンド富士の鑑賞ポイントとしても人気を集めております。
私たちは、この豊かな自然を守りながら、ふれあい、支えあい、助け合い、そこから生み出されるにぎわいと活力により、まちの将来像「”自然 つながり 活力あるまち”東久留米」を目指してさまざまな取り組みを行っています。
これらの取り組みにご理解いただき、東久留米市を応援していただける皆様からの「ご寄附」を心よりお待ちしております。
東久留米市を心のふるさととしてつながり、応援していただける皆様のご厚志を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

ふるさと納税の概要

ふるさと納税は、東久留米市を応援したいという想いを「寄附」として行う制度です。
寄付額のうち2,000円を超える部分について、所得税と個人住民税から原則として全額が控除される制度です。

ふるさと納税制度の詳細については、以下の総務省のページをご覧ください。

「ふるさと納税の対象となる団体」として指定を受けています

東久留米市は、総務大臣より「ふるさと納税の対象となる団体」として指定を受けました。
この指定により、東久留米市へのふるさと納税は、所得税と個人住民税の控除対象となります。

指定期間

令和2年10月1日から令和3年9月30日まで

ふるさと納税の使い道

東久留米市では、皆様からの寄附を以下の事業に活用させていただきます。
寄附の申し込みをする際に、応援したい事業等を選択してください。


新型コロナウイルス感染症対策のために

新型コロナウイルス感染症は、日々の暮らしに大きな影響を与えています。市では新型コロナウイルス感染症対策基金を設け、感染拡大の防止、地域医療体制の整備、市民生活の支援及び地域経済の回復に取り組んでおります。こうした取り組みに皆様からの寄付金を活用させていただきます。

水と緑にふれあうまちづくりのために

東久留米市は都内近郊に位置しながら、平成の名水百選に選定された「落合川と南沢湧水群」を始めとする豊かな自然に恵まれています。こうした自然を将来に遺し、水と緑が身近なものと感じられるまちづくりに、皆様からの寄附金を活用させていただきます。

生活の安全・安心の向上のために

近年、地震や台風などによる自然災害や、特殊詐欺などの身近なところでの犯罪が増えており、暮らしにおける安全・安心の必要性は高まっています。防災・防犯活動を推進し、いざという時に備えるために、防災備品の整備や地域における防犯意識の啓発などに、皆様からの寄附金を活用させていただきます。

健康づくりと福祉の充実のために

市では生活習慣病や疾病を未然に防ぐため、早期発見に向けた特定健診や保健指導、予防接種などを実施しています。また、介護を要しない元気高齢者の増加や、障がいを持つ方の社会参加が促進されるよう、民生・児童委員や関係機関のネットワークづくりなど、地域福祉の充実を図っています。皆様からの寄附金をこすいた健康増進や、地域福祉の推進に活用させていただきます。

生涯学習とスポーツの振興のために

市では誰もが生涯を通して学習し、学習成果を生かすことできる環境づくりと、心身の健康増進などを目的としたスポーツ振興に取り組んでいます。生涯学習センターやスポーツセンターでは、各種のイベントやアスリートを招いて体験教室などを実施しており、皆様からいただいた寄附金をこれらの事業に活用させていただきます。

使途を指定しない

特に用途を指定せずに、市で重点施策など任意の事業に活用させていただきます。

※新型コロナウイルス感染症対策基金について

新型コロナウイルス感染症への対策として、市が感染症拡大の防止、地域医療体制の整備、市民生活の支援及び地域経済の回復等に資する事業を行う際に活用する基金を新設しました。
新型コロナウイルス感染症対策事業への寄附は、この基金への積立も含め、対策事業の財源として活用させていただきます。

インターネットによる寄附申し込みについて

申し込み

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」の東久留米市ページよりお申し込みください。

ふるさと納税の詐欺サイトにご注意ください。
インターネットによる東久留米市へのふるさと納税は「さとふる」以外ではできませんので、ご注意ください。
また、お申し込み後のお礼品の変更、宅配便の日付指定、受取りできなかった場合の再送はできませんので、ご注意ください。

支払い

インターネットでの寄附の場合は、以下の支払い方法が可能です。
・クレジットカード払い
・コンビニ支払い
・Pay-easy

書面による寄附申し込みについて

寄附までの流れ

  1. 「寄附申込書」をダウンロードしてください。ふるさと納税ワンストップ特例制度利用を希望される方は「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」もダウンロードしてください。
  2. 申込書等に必要事項を記入し、郵送、電子メール、ファクシミリで管財課までご提出ください。
    ※必ず希望する寄附金の納付方法に“〇”を付けてください。
    送付先
    郵送 〒203-8555 東久留米市本町3-3-1
    東久留米市役所 総務部 管財課 あて
    ファクス 042-470-7804
    メール kanzai■city.higashikurume.lg.jp
    (■を@に変えてお送りください)
    直接、市役所窓口にお越しいただき、申し込むこともできます。

寄付金の納付方法

市役所窓口での現金による寄附

市役所4階管財課窓口で「納入通知書」をお渡ししますので、1階の金融機関窓口でお支払いください。

納付書による寄附

管財課より「納入通知書」を郵送いたしますので、下記金融機関及び市役所等でお支払いください。
東久留米市発行の「納入通知書」で下記金融機関及び市役所等でお支払いいただく場合、手数料は無料です。
 ◎次の金融機関の本支店
   西武信用金庫  みずほ銀行  りそな銀行  埼玉りそな銀行
   きらぼし銀行  東和銀行  三井住友銀行  三菱UFJ銀行
   山梨中央銀行  みずほ信託銀行  西京信用金庫  青梅信用金庫
   多摩信用金庫  東京信用金庫  中央労働金庫  武蔵野銀行
   東京みらい農業協同組合
   東京都信連及び東京都の各農業協同組合
   東京都・山梨県及び関東各県所在のゆうちょ銀行・郵便局
    (ゆうちょ銀行・郵便局の場合は、納期限を過ぎるとお支払いいただけません。)

 ◎東久留米市役所と連絡所
  東久留米市役所(本庁舎内金融機関窓口)
  上の原連絡所(窓口)
  ひばりが丘連絡所(窓口)
  滝山連絡所(連絡所内金融機関窓口)

口座振込による寄附

後日、口座番号をお知らせする口座にお振込みください。
※全ての金融機関をご利用することが可能となりますが、口座振込手数料は、自己負担となります。

現金書留による寄附

申請書等に必要事項をご記入いただき、現金書留に同封してお送りください。
※郵送料のご負担をお願いいたします。

  送付先
   〒203-8555 東久留米市本町3-3-1
   東久留米市役所 総務部 管財課 あて

 

寄附金の入金確認後、「寄附金受領証明書」及び「お礼状」を郵送いたします。
寄附金受領証明書は、寄附金控除又は寄付金税額控除を受ける際に必要となります。
ふるさと納税ワンストップ特例制度をご利用の場合は、確定申告の必要はございません。
寄附金受領証明書の再発行はできませんので、大切に保管してください。

ワンストップ特例について

ふるさと納税による税の軽減を受けるためには確定申告又は個人市民税の申告を行っていただくことが必要ですが、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」とは、『寄附金税額控除に係る申告特例申請書』を寄附先の自治体に提出することで、確定申告等を行わなくても税の軽減が受けられる平成27年4月1日から適用された制度です。

この制度を利用できる方

  • 給与所得のみの方などで、確定申告を行う必要がない方
  • その年のふるさと納税をされる自治体の数が5以下の方

※給与所得のみの方でも、医療費控除などの各種控除、株式などの所得を申告する方は対象外となります。
※確定申告又は個人市民税の申告が行われた場合は、ワンストップ特例の申請はなかったものとみなされます。その場合は、「ふるさと納税」に伴う寄付金控除も含めた内容により確定申告又は個人市民税の申告手続きを行ってください。

申請方法

上記の2つの要件に該当し、制度の利用を希望される方は、寄附申込書提出時に申告特例申請書を一緒に提出してください。提出期限は翌年の1月10日までとなります。

申請内容に変更が生じた場合

申請書の提出後に、住所・氏名などに変更があった場合、申請をした翌年の1月10日までに申告特例申請事項変更届出書を提出してください。
また、申請後にふるさと納税の寄付先が5団体を超えた場合は、申請がなかったものとみなされます。この場合は確定申告が必要となりますのでご注意ください。

マイナンバー制度の導入により、平成28年1月1日から個人番号の記載が必要となりました。これに伴い、本人確認のため、以下の添付ファイルに記された書類(マイナンバー確認用の書類及び本人確認用の書類)の写しを添付のうえ、申請をお願いいたします。

ふるさと納税返礼品

平成29年4月1日付の総務大臣からの「各地方団体は、当該地方団体の住民に対し返礼品を送付しないようにすること」との通知を受け、ふるさと納税に対するお礼の品の贈呈は、東久留米市外に住所を有する方のみとさせていただいております。

返礼品は、委託事業者等より発送します。そのため、寄附者の氏名・住所・電話番号などを委託事業者に通知しますので、あらかじめご了承ください。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

総務部 管財課 管財係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7718 ファクス:042-470-7804
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る



Copyright © Higashikurume city. All rights reserved.