現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > 税・保険・年金 > 国民健康保険 > マイナンバーカードの健康保険証利用(マイナ保険証)について


ここから本文です。

マイナンバーカードの健康保険証利用(マイナ保険証)について

ページ番号 1024526 更新日  令和6年7月1日

令和6年12月2日から現行の保険証が廃止されます

健康保険証はマイナンバーカード(以下、マイナ保険証)へ移行し、令和6年12月2日から現行の健康保険証は発行されなくなります。(経過措置により12月1日までに発行された保険証は有効期限が切れるまでは引き続き使用することが可能です。)
病院・薬局等を利用する際は、マイナ保険証をご利用ください。

令和6年12月2日以降は「資格情報のお知らせ」または「資格確認書」を交付します。

ご自身の被保険者資格等を簡易に把握できるように、「資格情報のお知らせ(A4型)」を交付します。(資格情報のお知らせでは受診できません。)

マイナンバーカードによりオンライン資格確認を受けることができない状況にある方については、「資格確認書」が交付され、引き続き、医療を受けることができます。

マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには「初回登録」が必要です

医療機関等の顔認証付きカードリーダーで、初回の利用登録ができます。また、ご自身のスマートフォンなどを使用したマイナポータルアプリやセブン銀行ATMからも事前に利用登録が可能です。

※DV等被害者の方で、住民基本台帳事務における支援措置を受けている(住民票等の発行を制限している)場合は、マイナ保険証の「初回登録」が行えず、マイナポータルでの閲覧や利用も制限されます。

利用登録方法

  1. 医療機関・薬局の受付(カードリーダー)を行う
  2. 「マイナポータル」から行う
  3. セブン銀行ATMから行う

詳細は以下のリンク先をご確認ください。

マイナ保険証を使うメリット

1 より良い医療を受けることができる

過去のお薬情報や健康診断の結果を見られるようになるため、身体の状態や他の病気を推測して治療に役立てることができます。また、お薬の飲み合わせや分量を調整してもらうこともできます。

2 手続きなしで高額医療の限度額を超える支払請求がされなくなる

高額な医療費が発生する場合でも、マイナ保険証を使うことで、ご自身で高額な医療費を一時的に自己負担したり、限度額適用認定証の申請手続きをする必要がなくなります。
※非課税世帯の方で、長期入院に該当する場合(直近12か月間の入院日数が90日を超える場合)は限度額適用・標準負担額減額認定証の申請が必要です。

このページに関するお問い合わせ

福祉保健部 保険年金課 国保年金資格係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7732 ファクス:042-470-7805
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る



Copyright © Higashikurume city. All rights reserved.