現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > 税・保険・年金 > 国民健康保険 > 国保受給者証(精神通院)の有効期限の延長について


ここから本文です。

国保受給者証(精神通院)の有効期限の延長について

ページ番号 1015462 更新日  令和2年5月27日

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、厚生労働省において、更新申請のための診断書の取得等のみを目的とした受診を回避するため、自立支援医療受給者証の有効期間の満了日を1年間延長するよう省令を改正し、令和2年4月30日に公布及び施行されました。

これに伴い、国保受給者証(精神通院)についても、同様に有効期間の満了日が1年間延長されます。

下記の対象者のうち、まだ更新申請をされていない方は、今回に限り更新手続きの書類を提出していただく必要はありません。更新以外の手続き(新規申請・市外転入・変更申請(医療機関・所得区分・氏名・住所等))や再交付については、通常通りの申請をお願いします。

対象者

国保受給者証(精神通院)に記載されている有効期間が令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に満了する方

受給者証の取り扱い

現在お持ちの国保受給者証(精神通院)を引き続きご利用ください。なお、既に更新申請を受理しているものについては、新しい受給者証の発送まで通常通り行います。

医療機関の皆様へ

上記受給者が受診した際に有効期間の切れた受給者証を提示した場合は、有効期間を1年延長したものと読み替えてご対応願います。

※上記内容に関しては、国及び東京都の方針により、今後変更される可能性もあります。

このページに関するお問い合わせ

福祉保健部 保険年金課 国保年金資格係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7732 ファクス:042-470-7805
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る



Copyright © Higashikurume city. All rights reserved.