現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > 税・保険・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証について


ここから本文です。

国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証について

ページ番号 1002908 更新日  令和2年1月1日

70歳以上の国民健康保険被保険者の方には、被保険者証に一部負担金割合(2割もしくは3割)が表記されている「国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証」を交付しています。

高齢受給者証の一部負担金割合は、前年(1月から7月の間は前々年)の課税所得金額を基に判定されます。

「3割」負担の方でも、一部負担金割合の判定基準に該当すれば、申請により申請月の翌月から一部負担金割合が「2割」となる場合があります。

一部負担金割合の判定基準については以下のファイルをご覧ください。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

福祉保健部 保険年金課 国保年金資格係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7732 ファクス:042-470-7805
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る



Copyright © Higashikurume city. All rights reserved.