現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > くらしと仕事 > 自治会 > 自治会へのお知らせ > 「令和2年度地域の底力発展事業助成」追加募集(第5回)の実施について


ここから本文です。

「令和2年度地域の底力発展事業助成」追加募集(第5回)の実施について

ページ番号 1016325 更新日  令和2年11月20日

東京都が実施する令和2年度の本助成事業の募集については、第4回の募集により行うこととしておりましたが、この度、第5回の募集を実施します。
また、本助成事業では、コロナ禍における事業実施に必要となる物品も助成対象としております。

「令和2年度地域の底力発展事業助成」のガイドライン及び事例集を生活文化課窓口で配布しております。
ご活用を考えられている方は、窓口にてお問い合わせください。

地域の底力発展事業助成とは

地域活動の担い手である町会・自治会の皆さんが行う『地域の課題を解決するための取組を推進し、「地域力」の向上を図る事業』に対して、東京都が助成を行うものです。

助成金の対象となる事業

地域の課題解決を図るための取り組み(催し・活動等)で、令和3年2月5日から令和3年3月31日までに実施し、完了する事業が対象です。
 
※助成の趣旨に沿わないと判断される事業は、対象外となる場合があります。

対象経費について

コロナ禍における事業実施に必要となる物品として以下も助成対象となります。

物品例

  • 事業を行うための打合せに必要なタブレット端末やWi-Fi機器(通信費は対象外)
  • 非接触型体温計
  • 足踏み式消毒スタンド
  • マスク
  • 消毒液
  • 防災訓練等で使用するパーテーション 等

募集期間

令和2年11月18日(水曜日)から令和2年12月15日(火曜日)

※原本提出の締切は令和2年12月22日(火曜日)

 

助成金を申請するにあたって

助成金を申請する場合は、事前相談として申請書類の案を作成し、各受付期間中にメール又はファクスで東京都へ提出してください。(事前相談後、内容が確定した申請書類を提出締切りまでに東京へ郵送します)

※詳しくはガイドラインをご参照の上、東京都へお問い合わせ下さい。

事業実施にあたってのお願い

新型コロナウィルス感染症の拡大防止の観点から、特にご注意いただきたい点をまとめた「東京都感染拡大防止ガイドブック」を参考にしていただき、自治会の皆さまが安心してご参加いただける運営をお願いいたします。

その他

令和2年度地域の底力発展事業助成の交付決定事業を「新型コロナウィルス感染症拡大防止のために中止」にした場合は、再申請が可能となります。
ただし、中止の際に費用が発生し、助成を受けた場合は、通常の助成上限からすでに助成された額を差し引いた額が、再申請の助成上限額となります。

事業の内容に関する問い合わせ先

〒163-8001
東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
東京都生活文化局都民生活部地域活動推進課
地域活動支援担当

電話 03-5388-3166、ファクス 03-5388-1331
E-mail S8000224@section.metro.tokyo.jp

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

市民部 生活文化課 市民協働係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7738 ファクス:042-472-1131
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る



Copyright © Higashikurume city. All rights reserved.