現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > 子育て > 手当と助成 > 低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金<ひとり親世帯以外の子育て世帯分>(国の制度)


ここから本文です。

低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金<ひとり親世帯以外の子育て世帯分>(国の制度)

ページ番号 1020206 更新日  令和4年6月23日

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得の子育て世帯(ひとり親世帯以外の世帯)に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、給付金の支給を行うこととなりました。

支給対象者

次の(1)、(2)の両方に当てはまる方

(1)令和4年3月31日時点で18歳未満の児童※1(特別児童扶養手当支給対象児童の場合、20歳未満※2)を養育する父母等
※1:平成16年4月2日から令和5年2月28日までに出生した児童
※2:平成14年4月2日から令和5年2月28日までに出生した児童

(2)令和4年度住民税(均等割)が非課税の方または令和4年1月1日以降の収入が急変し、住民税非課税相当の収入となった方

※ひとり親世帯の方も対象者になりますが、低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)の支給を受けた方は対象外となります。

ひとり親世帯の方は、以下をご覧ください。

支給額

児童1人当たり5万円

支給手続き

(1)令和4年4月分の児童手当または特別児童扶養手当の受給者で令和4年度住民税(均等割)が非課税の方

給付金は、申請不要で受け取れます。
東久留米市の税情報で非課税であることが確認できる方は、令和4年6月下旬に「支給のご案内」の文書を送付し、同年7月中旬に児童手当または特別児童扶養手当を支給している口座に振り込む予定です。

※給付金を受け取った後に受給資格がないことが判明した場合、返金していただく必要があります。(遅れて確定申告を行った結果、住民税課税になった場合、1人の児童について二重に受給した場合など)

(2)上記以外の方(例.課税世帯であるが令和4年から収入が急変し、住民税非課税相当まで下がった方、令和4年1月2日以降に転入した方、令和4年度住民税が未申告の方、公務員の方など)

給付金を受け取るには、申請が必要です。申請書は以下及び児童青少年課窓口で取得できます。
申請書に振込先口座などを記入して、必要書類とともに東久留米市役所児童青少年課の窓口に直接、または郵送でご提出ください。
審査の結果は郵送により通知します。給付金の支給要件に該当する方には、児童手当等を支給している口座または指定の口座に振り込みます。(支給日は通知書に記載します。) 

申請期限:原則として、令和5年2月28日までです。(申請期限間近に出生され、期限までの申請が難しい場合は、令和5年3月15日までに申請ください。) 

※給付金を受け取った後に受給資格がないことが判明した場合、返金していただく必要があります。(遅れて確定申告を行った結果、住民税課税になった場合、1人の児童について二重に受給した場合など)                                                                                                                 

「住民税非課税相当」とは、令和4年1月以降の任意の1か月の収入額について、これを12か月換算した年収見込額(1か月の収入額×12)が、以下の表の額を下回り、住民税(均等割)非課税相当と見なされる場合です。      

住民税非課税相当の収入の目安

世帯の人数(※) 

収入限度額(年額)

収入限度額(月額)

1人 誰も扶養に取っていない場合           1,000,000円      83,333円
2人(例)本人・子1人

1,560,000円

130,000円

3人(例)本人・配偶者・子1人

2,057,000円

171,416円

4人(例)本人・配偶者・子2人

2,557,000円

213,083円

5人(例)本人・配偶者・子3人

3,057,000円

254,750円

6人(例)本人・配偶者・子4人

3,557,000円

296,416円

※世帯人数は、「申請者本人」、「同一生計配偶者(収入金額1,030,000円以下の者)」、「扶養親族(16歳未満の者も含む)」の合計人数です。                                                                                                                     

離婚した (又は協議中の) 方、DV避難中の方へ

離婚した方、離婚協議中で配偶者と別居中の方、DV避難中の方は、「子育て世帯生活支援特別給付金」をご自身が受給できる可能性があります。
下記をご覧ください。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部 児童青少年課 助成支援係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7736 ファクス:042-470-7807
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る



Copyright © Higashikurume city. All rights reserved.