現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > 環境・ごみ > 生活・自然環境 > 向山緑地若返り事業における樹木の萌芽更新について


ここから本文です。

向山緑地若返り事業における樹木の萌芽更新について

ページ番号 1019810 更新日  令和4年3月16日

萌芽更新について

東久留米市では、向山緑地公園内の樹木の萌芽更新(若返り)を図ることを目的として、下記の日程で樹木の剪定及び伐採を行っています。

日時:令和4年3月9日(水曜日)~令和4年3月下旬頃
場所:向山緑地公園(東久留米市南沢3‐16)
 

萌芽更新とは

緑地の管理方法には様々な方法がありますが、萌芽更新とは「積極的に手を加える」という緑地保全の手法の一つです。
樹齢を重ねた樹木の剪定及び伐採を行うことで、地表に太陽光が届くようになることから、周囲に落下していた種子による天然更新が進み、緑地の若返りが進みます。
 

草花や小動物の回帰

太陽光が緑地の中に入ることで、日影に休眠していた草花や従来から生息していた昆虫や小動物が返ってきます。

安全上の必要性

巨木・老木になった樹木は、台風や強風などの際に倒木等の危険性がでてきます。萌芽更新を行うことで緑地の若返りが進み、倒木等のリスクの減少が期待できます。

萌芽更新の様子

このページに関するお問い合わせ

環境安全部 環境政策課 緑と公園係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7753 ファクス:042-470-7809
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る



Copyright © Higashikurume city. All rights reserved.