現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > 環境・ごみ > 公共下水道 > 大雨時における汚水排水量削減のお願い


ここから本文です。

大雨時における汚水排水量削減のお願い

ページ番号 1015639 更新日  令和2年7月7日

大雨時における汚水排水量削減のお願い

東久留米市の下水の排除方式は、汚水(トイレやお風呂・台所などからの排水)と雨水を別々に排除する「分流式」となっております。市内で発生する汚水は、最終的には清瀬市にある水再生センターで処理がなされ、河川へ放流されています。

しかし、大雨時にはマンホールや汚水ますの隙間、老朽化した下水道管から雨水が浸入し(不明水と呼ばれています)水再生センターへの流入量が多くなります。その結果、水再生センターの処理能力を超えてしまい、通常の処理ができなくなるとともに、流入制限が必要となったり、設備機器への浸水が及んだ場合は機能停止する恐れがあります。

つきましては、ご不便をおかけしますが、大雨時には洗濯などを控えていただき、お風呂の水は晴れた日に流していただくなど、汚水排水量削減のご協力をよろしくお願いいたします。

※不明水については以下リンク先のページでも掲載しております。

このページに関するお問い合わせ

都市建設部 施設建設課 下水道計画担当
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7758 ファクス:042-470-7809
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る



Copyright © Higashikurume city. All rights reserved.