現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > 福祉 > 障害者福祉 > 東久留米市在宅要介護(障害)者の受入体制整備事業


ここから本文です。

東久留米市在宅要介護(障害)者の受入体制整備事業

ページ番号 1016752 更新日  令和3年4月1日

事業の概要

在宅で障害者を介護する家族等が、新型コロナウイルス感染症にり患した場合などに、り患した家族等が安心して療養に専念できる環境を整えるため、介護が必要な障害者が緊急一時的に利用できるサービス等の受入体制を整備します。

対象者

在宅で介護が必要な障害者(65歳以上の者を除く)で、介護者(家族等)が新型コロナウイルスにり患したことにより治療・療養が必要となり、介護者が不在となるため特に支援を要する方で、PCR検査の結果が陰性となった方

事業内容

(1)訪問看護による電話での健康確認(当事業はPCR検査結果判明までの期間を含みます)

(2)訪問介護(ヘルパー)の派遣

(3)福祉施設での一時受入

費用

本事業の利用に係る費用は実費等を除き、原則無料です。

事業対象となることが想定される場合は下記にお問い合わせください

平日 午前8時30分から午後5時15分まで(土日祝日を除く)

東久留米市福祉保健部障害福祉課福祉支援係

(電話 042-470-7777(代表) 内線2545・2546)

このページに関するお問い合わせ

福祉保健部 障害福祉課 福祉支援係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7747 ファクス:042-475-8181
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る



Copyright © Higashikurume city. All rights reserved.