現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > 安全・安心 > 交通安全 > 交通安全イベントのご案内 > 平成30年秋の全国交通安全運動が開催されました


ここから本文です。

平成30年秋の全国交通安全運動が開催されました

ページ番号 1011867 更新日  平成30年12月28日

平成30年9月21日から30日の10日間で、「世界一の交通安全都市TOKYOを目指して」をスローガンに秋の全国交通安全運動が開催されました。

秋の全国交通安全運動とは

秋の全国交通安全運動のポスター

秋の全国交通安全運動は、国や関係協会などが主催となり、交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣づけることなどにより交通事故防止の徹底を図ることを目的として開催されています。

平成30年は以下の5点を重点に運動を推進しました。

  1. 子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止
  2. 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
  3. 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  4. 飲酒運転の根絶
  5. 二輪車の交通事故防止

自転車安全利用五則を守りましょう

市内でも期間中は、東久留米市交通安全協会を中心に交差点での安全指導を行いました。都内では自転車による交通事故が多く発生しております。次の通り「自転車安全利用五則」を守りましょう。

自転車安全利用五則

  1. 自転車は、車道が原則、歩道は例外
  2. 車道は左側を走行
  3. 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  4. 安全ルールを守る
    飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
    夜間はライトを点灯
    交差点で信号遵守と一時停止・安全確認
  5. 子どもはヘルメットを着用

このほかにも、傘さし運転・運転中の携帯電話の使用・運転中のヘッドホン着用などの禁止行為は絶対行わないようにしましょう。

秋の全国交通安全運動出動式を実施

平成30年9月20日に、秋の全国交通安全運動に向けて出動式を生涯学習センターのホールで行いました。

出動式は市民の方も自由に参加でき、参加された方への交通安全の啓発品やリーフレット等の配布、東久留米市交通安全協会長による交通安全宣言、市長や田無警察署長による挨拶や、白バイやパトカー等の警察車両によるパレードを実施しました。

 

運転者講習会を実施

平成30年9月26日に、全国交通安全運動に合わせた運転者講習会を生涯学習センターの集会学習室で実施しました。

田無警察署員が講師となって安全運転のために気を付けるべきことや、実際の事故の事例などについてお話をしました。

写真
運転者講習会の様子

9月30日は「交通事故死ゼロを目指す日」

記録の残る昭和43年以降、国内で交通事故による犠牲者が無い日は1日もありません。交通事故を未然に防ぐためには交通ルールを守り、交通マナーを実践することが不可欠です。今後も一人ひとりが交通安全に対する意識を持って、交通事故死ゼロを目指していきましょう。

市では、9月27日に田無警察署や東久留米市交通安全協会と協働で交通事故死ゼロのための啓発品配布を市役所前交差点で実施しました。

このページに関するお問い合わせ

都市建設部 管理課 管理調整担当
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7764 ファクス:042-470-7809
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る



Copyright © Higashikurume city. All rights reserved.