ここから本文です。

新型コロナウイルスワクチンについて

ページ番号 1016849 更新日  令和3年6月3日

ワクチン接種の基本情報を掲載しています。
ワクチンの供給状況、接種対象、接種順位、接種費用、接種回数、ワクチンメーカーと種類等、など。
【追加情報】
・ワクチン接種の対象年齢が12歳以上になりました。
・基礎疾患を有する方の説明に備考を追加しました。
・予防接種健康被害救済制度についての説明を掲載しました。

令和3年6月中には、東久留米市の高齢者全員分にあたるワクチンが供給される見込みとなっております。
お待たせすることはありますが、接種を希望する全ての方が接種できるように、ワクチンは順次供給されます。安心してお待ちください。

ワクチン接種の基本情報

※今後、内容は見直され、更新されていく可能性があります。

ワクチンの供給状況

高齢者向けワクチン供給状況

供給時期

箱数

接種回数

令和3年4月26日の週と

令和3年5月3日の週の合計

5箱

4,875回分

令和3年5月10日の週と

令和3年5月17日の週の合計

23箱

26,910回分

令和3年5月24日の週と

令和3年5月31日の週の合計

25箱

29,250回分

令和3年6月7日の週と

令和3年6月14日の週の合計

8箱

9,360回分

累計

61箱

70,395回分

(35,197人分)

国の発表に基づき供給時期を掲載しています。令和3年6月中には東久留米市の高齢者全員分にあたるワクチンが供給される見込みとなっております。お待ちいただくことはありますが、接種を希望する全ての方が接種できるように、順次ワクチンは供給されます。安心してお待ちください。

接種対象

東久留米市内にお住まいの12歳以上の方

なお、次のような特別な事情のある方は、住民票所在地以外でワクチンを接種することができます。

  1. 出産のために里帰りしている妊産婦
  2. 単身赴任者
  3. 遠隔地へ下宿している学生
  4. ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
  5. 入院・入所者
  6. 基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合
  7. 災害による被害にあった者
  8. 拘留又は留置されている者、受刑者
  9. その他市長がやむを得ない事情があると認める者、など

接種順位

  1. 医療従事者等
  2. 65歳以上の高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)
  3. 高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方
  4. それ以外の方

なお、ファイザー社製ワクチンでは妊婦は接種努力義務の対象外とされました。
また、12歳未満の児童は接種できません。

基礎疾患を有する方の範囲

1.以下の病気や状態の方で、通院や入院している方

  1. 慢性の呼吸器の病気
  2. 慢性の心臓病(高血圧を含む。)
  3. 慢性の腎臓病
  4. 慢性の肝臓病(肝硬変等)
  5. インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病、又は他の病気を併発している糖尿病
  6. 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
  7. 免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)
  8. ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  9. 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  10. 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  11. 染色体異常
  12. 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  13. 睡眠時無呼吸症候群
  14. 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

2.基準(BMI30以上)を満たす肥満の方

※BMI=体重(キログラム)÷身長(m)÷身長(m)

備考
  • 上記の基礎疾患を有する方に該当する場合は、まずはかかりつけ医で接種できるかをご確認ください(市外の医療機関を含む)。
  • 基礎疾患を有するかについては本人の申し出にもとづきますので、診断書等は不要です。

接種費用

全額公費負担となりますので、無料で接種できます。

接種回数

2回の接種が必要です。
現在、日本ではファイザー社、武田/モデルナ社、アストラゼネカ社の3社のワクチンが薬事承認されています。
市では、そのうちファイザー社のワクチンを使用しています。
ファイザー社のワクチンでは、通常、1回目の接種から3週間の間隔を空けて2回目の接種となります。1回目の接種から3週間を超えた際は、できるだけ早く2回目の接種を受けてください。

注意事項

  • ワクチンは1回目と2回目両方とも同じメーカーのワクチンを接種することになります。

ワクチンメーカーと種類等

会社名 接種回数 接種間隔 ワクチンの種類
ファイザー社(アメリカ) 2回 21日 mRNAワクチン(※1)
アストラゼネカ社(イギリス) 2回 28日 ウイルスベクターワクチン(※2)
武田/モデルナ社(アメリカ) 2回 28日 mRNAワクチン

※1 mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンとは
従来のワクチンは、弱毒化・不活化した病原体そのものや、病原体のタンパクや多糖を用いる一方で、mRNAワクチンでは病原体タンパクの遺伝子をヒトの体内へと送り込み、ヒトの細胞内で病原体タンパクを作らせる。送り込んだmRNAや作られた病原体タンパクによって免疫を活性化させることができる。

※2 ウイルスベクターワクチンとは
ヒトに対して病原性のない、または弱毒性のウイルスベクター(運び手)に抗原たんぱく質の遺伝子を組み込んだ、組み換えウイルスを投与するワクチン。ウイルス自体が細胞に侵入し、細胞質で抗原蛋白質を高発現することで、液性免疫、細胞性免疫を引き起こすと考えられている。

予防接種健康被害救済制度

今回のワクチン接種によって健康被害が生じ、病気になったり障害が残ったりした場合には、予防接種法に基づく救済制度(医療費・障害年金などの給付)を受けることができます。
制度の詳細は厚生労働省ホームページをご覧ください。

新型コロナワクチンの集団接種における余ったワクチンの対応について

5月15日から実施する新型コロナウイルスワクチン接種(集団接種)におきまして、予約キャンセル等により、余った希釈済のワクチンにつきましては、別添の順位にて接種していくこととしましたので、お知らせします。
ご理解の程、よろしくお願いいたします。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

福祉保健部 健康課 新型コロナウイルスワクチン接種担当
〒203-0033 東京都東久留米市滝山4-3-14
電話:042-420-7177(東久留米市新型コロナワクチンコールセンター)
受付時間:土曜・日曜日、祝日を除く開庁日の午前9時~午後5時
※おかけ間違いのないように、お電話の際は、いま一度ご確認ください。
ファクス:042-477-0033(聴覚に障害がある方などからの相談)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る



Copyright © Higashikurume city. All rights reserved.