現在位置:  トップページ > 新型コロナウイルス感染症に関連する情報 > 市内感染者の発生状況について > 市内における新型コロナウイルス感染症患者の発生状況について


ここから本文です。

市内における新型コロナウイルス感染症患者の発生状況について

ページ番号 1014998 更新日  令和2年10月23日

【日報について】
東京都では、新型コロナウイルス感染症患者数が急増していることを受け、より一層の注意喚起を図る観点から公表基準を変更し、4月1日から市区町村別の発生状況を発表しています。

当初は、東京都では感染症患者数の累計数のみが公表されておりましたが、7月29日分より、既に退院等をされた方の数が公表されることとなりました。

9月から東京都は、保健所未設置の各市町村からの情報提供についての要望を踏まえ、週単位で患者の年代、性別、療養状況等についても各市町村に情報提供することとしました。さらに10月12日以降は、患者の発生に合わせて、年代、性別、療養状況等を情報提供するように変更されました。その公表については市町村の判断に委ねられており、本市では個人情報の特定につながらないよう配慮しつつ、基本的に提供を受けた情報を市民にお伝えしていきます。

【共通事項について】
感染症対策業務は保健所が所管しているため、保健所を設置する自治体は、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)に基づき、各自治体の判断で感染者の公表を行うことができます。東久留米市は東京都多摩小平保健所の所管区域にあるため、市がホームページでお知らせする発生状況は、東京都の公表を基に作成しています。

※市内感染症患者数の日報(下表)は、東京都からのプレス発表と市町村への情報提供により更新していきますが、原則としてプレス発表の翌営業日(平日)での更新となります。また金~日曜分の東京都から市町村への情報提供は月曜夜となるため火曜日の更新となります。祝日・年末年始も翌営業日以降での更新となります。

市内の新型コロナウイルス感染症患者数(10月21日時点の累計:80人)

日報について 

東京都の公表日

新たに発生した患者数(人)

新たに発生した患者の年代と性別

新たに発生した患者の感染経路等

これまでの累計患者数(人)

既に退院等をされた方の数(人)

10月22日(10月21日時点)

2

20代・女性

80代・男性

調査中

2

80

73

10月18日(10月17日時点)

1

50代・男性

調査中

78

72

10月17日(10月16日時点)

0

   

77

72

10月15日(10月14日時点)

1

70代・男性

調査中

77

71

10月13日(10月12日時点)

0

   

76

71

10月11日(10月10日時点)

2

   

76

70

10月10日(10月9日時点)

2

   

74

70

10月9日(10月8日時点)

0

   

72

69

10月8日(10月7日時点)

0

   

72

68

10月7日(10月6日時点)

1

   

72

65

10月6日(10月5日時点)

0

   

71

64

10月4日(10月3日時点)

1

   

71

62

10月3日(10月2日時点)

1

   

70

62

10月2日(10月1日時点)

2

   

69

62

患者の療養の状況

 

入 院 中

宿泊療養

自宅療養

調 整 中

10月21日時点

4

0

2

1

 

※速報値のため、今後の調査状況により、変動の可能性があります。
※患者のお住まいの地域(〇〇町〇丁目在住などの情報)は、ご本人やご家族等の個人情報の保護や人権への配慮等から公表されていません。
※東京都では感染症患者数を毎日公表していますが、上記の表では市内で新たに患者が発生した場合または既に退院等をされた方の数が増加した場合のみ更新します。

9月以降の月別の集計(年代・性別)

都内における患者の発生状況など

都内における患者の発生状況や最新の報道発表の情報等については、次の外部リンクをご覧ください。

東京都全体の感染者の発生状況等について

東京都では、新規陽性者数、新規陽性者における感染経路不明の方の内訳、検査の陽性率、入院患者数、重症患者数などについてモニタリングをしており、専門家のコメントを入れて公表しております。下記のPDFファイルを参照してください。

東京都全体では、新規陽性者数は直近の7日間平均で181人、検査の陽性率も3.9%と、1週間前に比べどちらも増加しています。感染状況の総括コメントは「感染の再拡大に警戒が必要であると思われる」のままでした。年齢別の内訳では、20代~30代の感染者が全体の約46%を占め感染年齢層に大きな変化はありませんでした。感染経路は、会食(特に飲酒を伴う)と接待を伴う飲食店等が合わせて16%程度、同居する人からの感染が32%と、どちらも横ばいで推移しています。40代~60代では同居する家族等からの感染が4割を超える状況です。また、70代以上では施設での感染が5割近くを占めています。
入院患者数は1,008人に増加し、重症患者数も25人と微増しておりますが、医療提供体制についての総括コメントは「体制強化が必要であると思われる」のままでした。

市の公共施設における発生情報

東久留米市の患者情報について都が公表しているのは区市町村別患者累計数と既に回復された方の内数のみですが、市内の小中学校、保育園や幼稚園、高齢者及び障害者への介護サービス提供施設等の職員や利用者等に感染者等が発生した場合は、保健所が市及び関係機関と情報共有しながら緊密に連携して積極的疫学調査や感染拡大防止対策に当たっています。

関係団体における発生情報

引き続き「3つの密(密閉・密集・密接)」を避けるなどのご協力をお願いします

東京都内では、新型コロナウイルス感染症の患者の発生は増加傾向にあります。感染拡大を防ぐには、皆さまの感染予防などが大変重要です。
引き続き、「3密(密閉・密集・密接)の回避」「ソーシャルディスタンスの確保」「手洗い・咳エチケット(マスク着用など)」の徹底をするなど、感染拡大防止策にご協力をお願いいたします。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

東久留米市役所
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7777
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る



Copyright © Higashikurume city. All rights reserved.