新型コロナウイルス感染症について(5月27日更新)|東久留米市ホームページ
エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 新型コロナウイルス感染症に関連する情報 > 新型コロナウイルス感染症について > 新型コロナウイルス感染症について(5月27日更新)


ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症について(5月27日更新)

ページ番号 1014619 更新日  令和2年5月27日

新型コロナウイルス感染拡大防止による緊急事態宣言が解除されました

「市民の皆様へ」

感染のリスクがなくなった訳ではありません。今後も感染拡大防止のため日常生活の中で、「新しい生活様式」の実践にご協力ください。

3つの密を避けましょう

新型コロナウイルスへの対策として、クラスター(集団)の発生を防止することが重要です。日頃の生活の中で、3つの「密」が重ならないよう工夫しましょう。
1.換気の悪い密閉空間
2.多数が集まる密集場所
3.間近で会話や発生する密接場面

手洗いを徹底し、マスクを着用しましょう

外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに手を洗いましょう。
(手洗いは30秒程度かけ、水と石けんで丁寧に洗いましょう。)
外出時、屋内にいるときや会話をするときは、症状がなくてもマスクを着用しましょう。

身体的距離(ソーシャルディスタンス)を確保しましょう

人との間隔は、できるだけ2メートル(最低1メートル)空けましょう。

新型コロナウイルス感染症について

中華人民共和国湖北省武漢市で昨年(令和元年)12月以降、新型コロナウイルス関連肺炎の発生が報告され、国内でも武漢市に滞在歴がある肺炎患者から新型コロナウイルスが検出されました。都内においても、今般の新型コロナウイルスに関連した感染症の症例が確認されており、東久留米市では令和2年2月18日(火曜日)に「東久留米市新型コロナウイルス感染症対策本部」を立ち上げました。5月21日時点の国内感染者は1万6千人を超えており、うち都内感染者が最も多く5,100人を超えていて、「特定警戒都道府県」とされています。「クラスター」と呼ばれる小集団での感染を起こさない、それに巻き込まれないことが重要です。集団感染の共通点は、「換気が悪く」「人が密に集まって過ごすような空間」「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」です。

予防のポイント

風邪やインフルエンザが多い時期であることも踏まえて、咳エチケットや手洗いの徹底等、通常の感染症対策を行うことが重要です。

  • 流水と石鹸による手洗いを頻回に行いましょう。特に外出した後や咳をした後、口や鼻、目などに触る前には手洗いを徹底しましょう。
  • 咳やくしゃみをする場合には口と鼻をティッシュや手で覆いましょう。その後、ティッシュは捨て、流水と石鹸で手を洗いましょう。

新型コロナウイルス関連肺炎に係る電話相談窓口について

国及び都では、新型コロナウイルスに関する相談窓口を設けています。

一般的なお問い合わせはこちら

厚生労働省の電話相談窓口

電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)
受付時間:午前9時~午後9時(土曜・日曜日、祝日も実施)

東京都の電話相談窓口(コールセンター)

電話番号:0570-550571
対応時間:午前9時~午後10時(土曜・日曜日、祝日も実施)

症状の出た方・感染した疑いのある方はこちら ”相談・受診の目安が変更されました”

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安が変更されました。

以下のいずれかの症状がある方は、「帰国者・接触者相談センター(下記参照)」もしくは、かかりつけ医にご相談ください。

  • 息苦しさ、強いだるさ、高熱等の強い症状がある場合(すぐに)
  • 高齢者、糖尿病・心不全・呼吸器疾患などの基礎疾患があり重症化しやすい人で、発熱やせきなど比較的軽いかぜの症状がある場合(すぐに)
  • 重症化しやすい人でなくても、発熱やせきなど比較的軽いかぜの症状が続く場合(4日以上は必ず)
  • 妊婦の方も、念のため、重症化しやすい人と同様に、早めにご相談ください。

センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

東京都多摩小平保健所(5月1日更新)

電話番号:042-450-3111
受付時間:平日の午前9時~午後5時

東京都電話相談センター

電話番号:03-5320-4592
受付時間:平日の午後5時~翌午前9時(土曜・日曜日、祝日は終日対応)

『PCR検査センター・イン・東久留米』が開設されます

東久留米市民が利用できます

新型コロナウイルス感染症対策として、PCR検査の拡大が課題となっており、
国は集中的に検査を実施する機関の設置などを「基本的対処方針」に示しています。
このたび、市内にも、東久留米市医師会が運営するドライブスルー方式の
PCR検査センターが開設されます。
検査を受けるには、市内のかかりつけ医で診察を受けていただき、診断により検査が
必要とされた方のみが、検査の予約ができます。

ご自身の判断で、直接、検査会場に来られても検査は受けられません。
心配な症状がある方は、まずは市内のかかりつけ医に電話でご相談ください。

期間
令和2年5月18日(月曜日)~6月29日(月曜日) の平日2時間程度開設(予約制)
場所
東久留米市スポーツセンター 北側駐車場

お問い合わせ

東久留米市 福祉保健部 健康課
電話:042-477-0022または042-477-0030(直通)

軽症者等における自宅療養中のセルフチェック

厚生労働省から新型コロナウイルス感染症の軽症者の方などの宿泊療養・自宅療養での
セルフチェックとして「緊急性の高い症状」が以下の通り示されています。
 

緊急性の高い症状
表情・外見 顔色が明らかに悪い ※
唇が紫色になっている
いつもと違う、様子がおかしい
息苦しさ等

息が荒くなった(呼吸数が多くなった)
急に息苦しくなった
日常生活の中で少し動くと息があがる

意識障害等 ぼんやりしている(反応が弱い)※
もうろうとしている(返事がない)※
脈がとぶ、脈のリズムが乱れる感じがする

セルフチェックする回数(原則1 日2 回)
※はご家族がご覧になって判断した場合です。

症状がみられた場合は緊急の対応を要するため、医療機関・相談窓口等へ
直ちに連絡していただくこととされています。

新型コロナウイルス感染症の軽症者のセルフチェック
新型コロナウイルス感染症の軽症者のセルフチェックについての画像です(内容は本文中にも掲載しております。)

東京都で多言語相談と聴覚障害のある方などからのファクス相談を開始

日本語に加えて、英語、中国語、韓国語での相談や、聴覚に障害のある方など電話での相談が難しい方からのファクスによる相談が開始されます。

相談方法と電話番号など

多言語(日本語、英語、中国語、韓国語)による相談

電話番号:0570‐550571(ナビダイヤル)

聴覚障害のある方などからの相談

ファクス番号:03‐5388‐1396

受付時間

午前9時~午後10時(土曜・日曜日、祝日も実施)

対応内容

感染の予防について、心配な症状があらわれた時の対応について、その他

東京都外国人新型コロナ相談センターの開設(5月1日更新)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う不安や生活への影響について、
日本語を母語としない外国人等からの多様な相談に対応するため、
東京都の緊急対策として新たに外国人向け生活相談センターが設置されました。

名称:東京都外国人新型コロナ生活相談センター
Tokyo Coronavirus Support Center for Foreign Residents(略称)TOCOS トコス

設置日:令和2年4月17日(金曜日)
電話番号:0120-296-004(フリーダイヤル)
開設時間:平日の午前10時~午後5時(土曜・日曜日、祝日を除く。)
対応言語:14言語(やさしい日本語、英語、中国語、韓国語、ベトナム語、ネパール語、インドネシア語、タガログ語、タイ語、ポルトガル語、スペイン語、フランス語、カンボジア語、ミャンマー語)

東京都緊急事態措置相談センター

新型コロナウイルスの感染の拡大に備える改正特別措置法に定める要請・指示等の措置に対する都民の方や事業者の方の疑問・不安への対応するため設置されました。

電話番号:03-5388-0567
受付時間:午前9時~午後7時(土曜・日曜日、祝日も実施)

特別定額給付金のコールセンターが設置されました(5月5日更新)

特別定額給付金に関する相談について総務省でコールセンターが設置されました。

電話番号:0120-260020(フリーダイヤル)
応対時間:午前9時~午後6時30分(土曜・日曜日、祝日も実施)

※特別定額給付金に関する総務省の特設サイトが開設されました。
 詳細は、特別定額給付金ポータルサイト(総務省)をご確認ください。

東京都感染拡大防止協力金(中小事業者向け)に係るポータルサイト

東京都では、感染拡大協力金に係るポータルサイトが開設されました。
申請受付期間は令和2年4月22日から令和2年6月15日です。
詳細は下記URLよりご確認ください。

布マスクの全戸配布に関する電話相談窓口

厚生労働省ホームページでは、「布マスクの全戸配布に関するQ&A」を掲載しています。

上記のQ&Aで回答が得られない場合は、布マスクの全戸配布に関する電話相談窓口へご相談ください。

電話番号:0120-551-299
受付時間:午前9時~午後6時(土曜・日曜日、祝日も実施)

東久留米市コロナ対策コールセンター

市では、新型コロナウイルス感染症に関連した市民の皆さまからの問い合わせに対応するため、4月13日(月曜日)から、東久留米市コロナ対策コールセンターを開設します。

電話番号:042-470-1078
受付時間:土曜・日曜日、祝日を除く平日の午前9時~午後5時(正午~午後1時を除く)

「緊急就職相談窓口・相談ダイヤル」「緊急労働相談ダイヤル」について

東京しごとセンター緊急就職相談ダイヤル・相談窓口

東京しごとセンターで、新型コロナウイルスの影響により内定取消し等で離職した方に対する「緊急就職相談ダイヤル・相談窓口」が設置されました。

緊急就職相談ダイヤル

電話番号: 03-5213-5013

相談窓口

東京しごとセンター1階「総合相談フロア」 東京都千代田区飯田橋3-10-3

受付時間

平日は午前9時~午後8時、土曜日は午前9時~午後5時

支援内容

今後のお仕事探しについての相談・カウンセリング
東京しごとセンターで提供している各種就職支援プログラム等のご案内
その他、関係機関・窓口のご紹介

※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、できる限り電話相談をご利用ください。
開設期間:令和2年4月23日(木曜日)から当面の間

東京都労働相談情報センター新型コロナウイルスに関する緊急労働相談ダイヤル

東京都労働相談情報センターでは、休暇や休業の取り扱い、職場のハラスメントなどについての相談専用ダイヤルを設置しています。

電話番号

0570-00-6110(東京都ろうどう110番)
※「新型コロナウイルス関連の相談」とお伝えください。

受付時間

平日は午前9時~午後8時、土曜日は午前9時~午後5時

相談内容

有給休暇等の取り扱い、休業に関する賃金の支払い、退職、解雇に関すること、新型コロナウイルスに関連してのハラスメント など

飼い主が新型コロナウイルス感染症にり患してペットの飼育ができなくなったら

東京都福祉保健局では、飼い主が新型コロナウイルス感染症にり患して、入院や宿泊施設で療養することになり、自宅でペットの飼育ができなくなった場合についての情報が掲載されています。

公立昭和病院に勤務する職員の新型コロナウイルス感染について

公立昭和病院に勤務する職員の新型コロナウイルス感染について令和2年4月14日に公表されました。

新型コロナウイルス関連肺炎に関する情報はこちら

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

福祉保健部 健康課 予防係
〒203-0033 東京都東久留米市滝山4-3-14
電話:042-477-0030 ファクス:042-477-0033
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る