エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > トピックス > 後期高齢者医療制度 保険料が年金天引きされている方、4月から年金天引きが始まる方へ保険料の仮徴収を行います


ここから本文です。

後期高齢者医療制度 保険料が年金天引きされている方、4月から年金天引きが始まる方へ保険料の仮徴収を行います

ページ番号 1012955 更新日  平成31年3月14日

後期高齢者医療保険料を、年金からの天引き(特別徴収)で納める方は、年6回の年金支給月に保険料が天引きされます。

4月・6月・8月は保険料の「仮徴収期間」です

年間保険料額は、毎年7月に市民税・都民税の所得内容を基に算定し、決定します。そのため、年間保険料額が決定するまでは「仮徴収期間」として、同年2月と同額の保険料を、4月・6月・8月の3回で納めることになります。7月に年間保険料額が決定した後は、すでに「仮徴収期間」で納めた保険料との差額を、10月・12月・翌年2月の3回で納めることになります。

※年間保険料額を平準化するために、6月・8月の仮徴収額を変更する場合があります。変更した場合は、個別にお知らせします。

4月から保険料の年金天引きが始まる方へ

4月上旬に、「仮徴収額決定通知書兼納入通知書」を送付します。4月・6月・8月は「仮徴収期間」として算定した保険料を納めることになります。

対象
平成30年10月初旬までに、75歳の誕生日を迎えた方や転入した方などのうち、4月から新たに保険料が年金天引きされる方

年金天引きから口座振替へ納付方法の変更が可能です

保険料の納付方法は、年金天引きによる納付が原則となっていますが、申し出により口座振替(普通徴収)に変更することができます。

変更を希望する方は、次の1~3を持参の上、保険年金課高齢者医療係(市役所1階)で手続きをしてください。

  1. 口座番号が分かるもの(預金通帳またはキャッシュカード)
  2. 通帳届け出印
  3. 後期高齢者医療被保険者証(すでに後期高齢者医療保険料の口座振替を登録している方は3のみ)

3月中に手続きをした場合、6月の年金天引きから中止になります。

詳しくは同係(電話042-470-7846)へ。

このページに関するお問い合わせ

福祉保健部 保険年金課 高齢者医療係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7846 ファクス:042-470-7805
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る