エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > トピックス > 公共施設におけるブロック塀等の緊急点検(中間報告)について


ここから本文です。

公共施設におけるブロック塀等の緊急点検(中間報告)について

ページ番号 1011729 更新日  平成30年7月12日

平成30年6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震を受け、東久留米市では、各施設所管課において緊急点検を行っています。その中間報告が取りまとまりましたので、お知らせします。

1 点検対象

市内小・中学校、保育園、児童館、地域センター、図書館をはじめとしたハコモノ施設に加え、道路、公園、下水道など全ての公共施設における組積造(石材やコンクリートブロックなどをモルタルで積み上げて作った構造)の塀、補強コンクリートブロック造の塀(以下「ブロック塀等」といいます。)及び万年塀

2 点検方法

東京都教育委員会が実施した「学校におけるブロック塀等の緊急点検等について(依頼)」における「安全点検及び安全点検結果調査要領」に準じ、各公共施設を所管する市職員により目視で調査を行いました。(ブロック塀等の建築基準法施行令の適合性とブロック塀等及び万年塀の著しいひび割れ、破損または傾斜等の調査)

3 安全点検結果(中間報告)

公共施設の外周部において、道路に面して設置されている高さ1.2メートル以上のブロック塀等及び万年塀の状況については、以下別表のとおりです。

4 今後の取り組み

(1)緊急対応する箇所について

次の箇所については、施設利用者や通行人に注意喚起するとともに、早急に基準に適合させるための対応を図っていきます。

施設名

箇所

構造

第五小学校

正門(右側・左側)

基礎(0.2m)+ブロック8段(1.6m)

第十小学校

西門(左側)

基礎(0.1m)+ブロック8段(1.6m)

本村小学校

給食棟北側

基礎(0.38m)+ブロック9段(1.8m)

(2)公園等(公園・緑地・児童遊園等)及びごみ集積所跡地について

市内に設置箇所数が多い公園等及びごみ集積所跡地については、現在、施設を所管する市職員によって目視調査を行っています。

(3)緊急対応する箇所以外のブロック塀等及び万年塀について

緊急対応する箇所以外のブロック塀等及び万年塀についても安全点検等を行っており、今後は現地の状況を踏まえて詳細調査を進め、適宜、必要な対応を図っていきます。

5 問い合わせ先

学校施設について

教育部 教育総務課(電話:042-470-7775)

学校施設以外について

企画経営室 企画調整課(電話:042-470-7702)

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

企画経営室 企画調整課
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7702 ファクス:042-470-7804
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る