エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > トピックス > 都の心身障害者医療費助成制度 マル障受給者証を更新します


ここから本文です。

都の心身障害者医療費助成制度 マル障受給者証を更新します

ページ番号 1009913 更新日  平成29年8月10日

マル障(都の心身障害者医療費助成制度)は、下表の所得制限基準額を基に、所得の判定を行い、現在受給している方に9月1日(金曜日)からのマル障受給者証を、8月下旬に郵送します(所得超過の方などを除く)。

現在マル障受給者証をお持ちでない方で、受給資格に該当した方は、障害福祉課(市役所1階)へ申請が必要です。申請には健康保険証、認め印(スタンプ式を除く)、身体障害者手帳または愛の手帳、1月2日以降に市内に転入した方は、平成29年度住民税課税(非課税)証明書が必要です。申請がない場合は受給できません。

マル障は都の助成により、医療機関での自己負担(保険診療分)の一部または全部が免除される制度です。自己負担割合は、所得判定対象者(下表※参照)の住民税の課税状況により異なります(課税が1割、非課税が自己負担なし)。

マル障 所得制限基準額

扶養親族等の人数 所得額
0人 360万4,000円
1人 398万4,000円
2人 436万4,000円
3人 474万4,000円
4人 512万4,000円
5人 550万4,000円

 

※所得判定対象者は受給者本人。ただし、マル障で20歳未満の方は、国民健康保険法の世帯主か社会保険の被保険者(本人が国民健康保険法の世帯主か社会保険の被保険者であれば20歳未満でも本人)。


マル障の対象は、各種医療保険に加入している次の方です。

  1. 身体障害者手帳1・2級、内部障害3級の方
  2. 愛の手帳1・2度の方(所得制限あり)

なお、65歳以上で初めて前記「1」「2」に該当することになった方、生活保護受給世帯に属する方、後期高齢者医療の被保険者で住民税が課税の方、マル乳(乳幼児医療費助成制度)の医療証をお持ちの方は受給できません。ただし、マル子医療証をお持ちで世帯主の住民税が非課税の方は、マル障の申請をしてください。

詳しくは同課管理係(電話042-470-7747)、マル子については児童青少年課助成支援係(電話042-470-7736)へ。

このページに関するお問い合わせ

福祉保健部 障害福祉課 管理係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7747 ファクス:042-475-8181
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る