エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 市政を身近に > 施策・計画 > 都市計画 > 生産緑地地区の制度を改正しました


ここから本文です。

生産緑地地区の制度を改正しました

ページ番号 1010950 更新日  平成30年4月16日

市では、生産緑地法などの改正・施行を受け、緑地機能を持つ農地の計画的な保全を図るため、生産緑地地区に定めることができる区域の規模の下限を500平方メートルから300平方メートルへと引き下げる「東久留米市生産緑地地区に定めることのできる区域の規模に関する条例」を制定しました。併せて「生産緑地地区の再指定」と「一団のものの区域」の緩和の制度改正を含む「東久留米市生産緑地地区指定基準」などの改訂を行い、4月1日付けで施行しました。
また、平成3年に施行された生産緑地法により指定された生産緑地地区に対して「特定生産緑地制度」が創設され、生産緑地地区の指定から30年を経過する農地について、買い取り申し出期間を10年延長できることになりました。
今後、同制度の手続きなどの詳細が決まりましたら、改めてお知らせします。

このページに関するお問い合わせ

都市建設部 都市計画課 計画調整担当
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7762 ファクス:042-470-7809
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る