エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 市政を身近に > 市の紹介 > 文化財 > 東京都指定文化財(史跡)


ここから本文です。

東京都指定文化財(史跡)

ページ番号 1002393 更新日  平成27年3月21日

新山遺跡(東久留米市下里3-21-1 下里中学校内)

新山遺跡

縄文時代中期(約4500年前)の大きな集落跡。柄鏡形住居跡が多く発見されたことで知られています。
下里中学校の校庭下に遺跡が保存され、1軒の住居跡が外から見られるようになっています。昭和53年指定。

下里本邑遺跡(東久留米市野火止3-3-4 下里本邑遺跡公園内)

下里本邑遺跡

旧石器時代から奈良・平安時代までの長い歴史をもつ遺跡。8000平方メートルが遺跡公園として整備され、出土した石器や土器が外から見られる小さな「遺跡館」もあります。昭和59年指定。

米津家大名墓所(東久留米市幸町4-2-40 米津寺内)

米津家大名墓所

江戸時代の大名の米津(よねきつ)家の墓所。4代の当主や一族の墓碑などが残り、東京の多摩地域では唯一大名墓所の景観を今にとどめています。平成8年指定。

このページに関するお問い合わせ

教育部 生涯学習課 文化財係
〒203-0033 東京都東久留米市滝山4-3-14 わくわく健康プラザ2階
電話:042-472-0051 ファクス:042-472-0057
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る