エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 市政を身近に > 広報 > 写真ニュース > 市長がVR体験車で地震や火災のバーチャル体験をしました


ここから本文です。

市長がVR体験車で地震や火災のバーチャル体験をしました

ページ番号 1011711 更新日  平成30年7月7日

7月6日に、東久留米消防署に東京消防庁のVR(バーチャル・リアリティ)防災体験車が来ました。市長、副市長をはじめ市職員数名と市民の皆さんが、地震や火災のバーチャル体験を通して防災の必要性を改めて学びました。
ヘッドマウントディスプレイのVR映像や座席の動きだけでなく、揺れ、振動、匂い、水しぶき、熱気などの臨場感ある演出がなされ、まさに現実感(リアリティ)のある体験でした。

画像 防災体験車の様子 その1

画像 防災体験車の様子 その2

画像 防災体験車の様子 その3

画像 防災体験車の様子 その4

このページに関するお問い合わせ

企画経営室 秘書広報課 広報係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7708 ファクス:042-470-7804
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る