エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 市政を身近に > 監査事務局 > 定期監査の結果等 > 財政の健全化判断比率等審査


ここから本文です。

財政の健全化判断比率等審査

ページ番号 1001946 更新日  平成29年9月26日

財政の健全化判断比率等審査とは

従来の「地方財政再建促進特別措置法」に代わる、「地方公共団体の財政の健全化に関する法律(以下「地方公共団体財政健全化法」という。)が成立し、平成19年6月22日に公布されました。

地方公共団体財政健全化法の目的は、「地方公共団体の財政の健全性に関する比率の公表の制度を設け、当該比率に応じて、地方公共団体が財政の早期健全化及び再生並びに公営企業の経営の健全化を図るための計画を策定する制度を定めるとともに、当該計画の実施の促進を図るための行財政上の措置を講ずることにより、地方公共団体の財政の健全化に資すること」と定められています。

大きな特徴は、普通会計から地方公営企業及び外郭団体へと財政状況の監視対象を広げ、自治体の財政フローだけでなくストックの財政指標も含めて評価しようという点にあります。

(地方公共団体財政健全化法第3条第1項)

年度別、財政の健全化判断比率等の審査方針

平成29年度(監査対象年度:平成28年度)

平成28年度(監査対象年度:平成27年度)

平成27年度(監査対象年度:平成26年度)

平成26年度(監査対象年度:平成25年度)

平成25年度(監査対象年度:平成24年度)

平成24年度(監査対象年度:平成23年度)

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

監査事務局
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7791 ファクス:042-470-7806
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る