エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 市政を身近に > 事業者の方へ > アスベスト対策 > アスベスト含有成形板を使用した建築物等の解体または改修の工事について


ここから本文です。

アスベスト含有成形板を使用した建築物等の解体または改修の工事について

ページ番号 1001227 更新日  平成27年3月24日

都民の健康と安全を確保する環境に関する条例において、アスベスト成形板のみを使用した建築物等の解体または改修については、解体または改修に係る飛散防止方法等計画の届出の必要はありません。(条例第124条第1項および第3項)
ただし、建築物等の解体または改修の工事施工者に対して、アスベスト成形板の取り扱いも含めて、「作業上の遵守事項」に従って工事を施工することが義務付けられています(条例第123条第2項)。

アスベスト成形板の除去時のポイント

  • 成形板を湿潤化させる
  • 作業箇所には、作業に適した養生を行う
  • 作業者は、保護具を着用する
  • 破壊や破断しない工法で工事を行う
  • 散水を行う場合は、アスベスト含有排水の適正は処理を行う

詳しくは都環境局アスベスト情報サイトのホームページにあるアスベスト成形板対策マニュアルをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

環境安全部 環境政策課 生活環境係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7753 ファクス:042-470-7809
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る