エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 市政を身近に > 行財政 > 財政 > 平成22年度 > 東久留米市の財政分析 平成22年度決算で見る現状と課題


ここから本文です。

東久留米市の財政分析 平成22年度決算で見る現状と課題

ページ番号 1001674 更新日  平成27年3月24日

東久留米市の財政状況について、現状と課題を分かりやすく伝えることを主眼とし、「東久留米市の財政分析 平成22年度決算で見る現状と課題」を作成しました。

平成22年度決算をベースとして、過去10年間の推移や他市との比較を行いながら、現状を分析し、今後における課題を記載しています。

なお、本文中の市民1人当たりの多摩26市比較は、平成23年9月1日時点の数値により作成しているため、各市の決算整理状況により変動する場合があります。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

企画経営室 財政課
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7706 ファクス:042-470-7804
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る