エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 市政を身近に > 行財政 > 財政 > 平成19年度 > 平成19年度上半期(4月~9月)財政状況


ここから本文です。

平成19年度上半期(4月~9月)財政状況

ページ番号 1001698 更新日  平成27年3月24日

市では、市民の皆さんに市政への理解を深めていただくため、財政状況を公表しています。
今回は、平成19年度上半期(平成19年4月1日~9月30日)の予算の執行状況、財産の現況などについてお知らせします。

平成19年度予算の執行状況(平成19年9月30日現在)

今年度上半期は、当初予算成立後、一般会計、国民健康保険特別会計および介護保険特別会計でそれぞれ1回の補正を行いました。
下表の予算額はこれらの補正後の数字となっています。
厳しい財政状況を踏まえ、引き続き計画的、効率的な執行管理、財産管理に努めていきます。

    歳入 歳出
会計 予算現額(歳入・歳出) 収入済額 収入率 支出済額 執行率
一般会計 343億5,780万8千円 136億7,722万9千円 39.80% 137億1,758万3千円 39.90%
国民健康保険特別会計 117億4,375万円 44億3,198万2千円 37.70% 48億3,849万2千円 41.20%
老人保健特別会計 74億3,040万2千円 29億3,319万3千円 39.50% 28億5,631万4千円 38.40%
介護保険特別会計 51億9,420万3千円 20億5,483万9千円 39.60% 19億 899万3千円 36.80%
下水道事業特別会計 34億3,450万9千円 14億342万7千円 40.90% 12億1,051万9千円 35.20%
受託水道事業特別会計 3億5,190万円 1億5,676万4千円 44.50% 7,674万5千円 21.80%
参考:18年9月末
会計  支出済額(歳出) 執行率(歳出)
一般会計 146億7,247万6千円 43.00%
国民健康保険特別会計 42億1,711万9千円 39.00%
老人保健特別会計 28億7,328万2千円 38.10%
介護保険特別会計 17億9,052万5千円 37.10%
下水道事業特別会計 13億6,275万4千円 37.40%
受託水道事業特別会計 1億4,351万6千円 22.90%

市民負担の状況

市の財源は、皆さんから納めていただく市税のほか、国や都からの支出金などで構成されています。

市民負担の状況
  平成19年9月末 平成18年9月末
市民一人当たりの歳出予算額 30万1千円 29万8千円
市民一人当たりの市税負担額 14万6千円 13万7千円
市民一世帯当たりの市税負担額 33万9千円 32万3千円

公有財産の状況

公有財産とは、市が所有する不動産や動産などです。そのうち、土地、建物などの財産は次のとおりです。

公有財産の状況
  平成19年9月末 平成18年9月末
土地 57万7,134.40平方メートル 57万4,755.26平方メートル
建物 20万4,871.18平方メートル 20万7,240.59平方メートル
工作物 141箇所 141箇所

基金の状況

基金は、家計の「貯金」にあたるものです。多額の資金が必要となる場合に備えて、財政事情を考慮しながら、目的ごとに積み立てを行っています。特に財政調整基金は、市全体の年度間の財政均衡を保つために重要なものです。

基金の状況
  平成19年9月末 平成18年9月末
基金現在高 43億3,813万3千円 41億157万2千円
財政調整基金 24億4,058万5千円 17億3,891万9千円
その他の基金 18億9,754万8千円 23億6,265万3千円

市債の状況

道路、公園の整備や公共施設の建設など、将来その施設を利用する世代の方にも負担していただくことが適当な事業の場合、市では事業費の一定割合を「市債」として、国や都などから借り入れを行っています。

市債の状況
  平成19年9月末 平成18年9月末
市債残高 473億7,815万円 485億5,368万円
一般会計 280億7,739万1千円 288億7,025万7千円
下水道事業会計 193億75万9千円 196億8,342万3千円

このページに関するお問い合わせ

企画経営室 財政課
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7706 ファクス:042-470-7804
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る