エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 市政を身近に > 行財政 > 財政 > 平成18年度 > 平成18年度決算


ここから本文です。

平成18年度決算

ページ番号 1001705 更新日  平成27年3月24日

平成18年度決算がまとまりました。市の家計簿である決算の内容についてお知らせします。
経済は景気回復傾向を基調としていますが、市の歳入は、三位一体改革に伴い地方交付税が減少し、一方、国庫補助金の一般財源化など、今後も歳入の減少傾向が続くと見込まれます。

また、歳出は、少子高齢化および医療制度改革に伴う関連経費の増加、社会保障関係経費の自然増などにより、増加傾向が続く見込みです。

このような状況であるため、市の財政状況は依然厳しい状況に変わりなく、今後もより一層の経費削減、事務事業の見直しなど、さらなる行財政改革を推進する必要があります。
このため、19年度予算はさらなる行財政改革の推進をメインテーマに予算編成に取り組みました。

この決算については、2人の監査委員により関係書類との照合など審査が行われ、その結果「計数に誤りがなく、基金の運用についても適正に執行されていた」と認められました。そして、この監査委員の意見を添えて、第3回定例会に提出され、原案の通り承認されました。

平成18年度の一般会計決算額は、歳入額が335億4,844万円、歳出額が325億9,851万円です。17年度と比較すると、歳入・歳出とも総額は前年度と比べて減ることとなりました。

その主たる要因は、歳入では市税、所得譲与税、都支出金などは増加したものの、財産収入、地方債、地方交付税などが減少したことなどにより5.1パーセントのマイナス、歳出では積立金、繰出金が大きく減少したことなどにより2.9パーセントのマイナスとなったことによるものです。

市の歳入の根幹をなす市税が、税制改正の影響や景気回復に加え徴収率向上により増加するなど、この傾向を維持しながら、引き続き適正な執行管理に努めていきます。

一般会計と国民健康保険・老人保健・介護保険・下水道事業・受託水道事業の5特別会計を合計すると、歳入は592億4,069万円、歳出は580億8,701万円となり、前年度に比べて減少となっています。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

企画経営室 財政課
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7706 ファクス:042-470-7804
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る