エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > こんにちは市長です > 市長コラム「ライジングサン」 > 平成31年4月 ライジングサン


ここから本文です。

平成31年4月 ライジングサン

ページ番号 1013108 更新日  平成31年4月15日

市長コラム「ライジングサン」

みなさんこんにちは、新年度が始まりました。いかがお過ごしですか。

先月開催した市議会定例会にて31年度予算が可決され、新年度をスタートすることができました。

この予算は快適性の向上を図る取り組みや将来に向けての取り組みに着手する重要な予算となっています。厳しい財政状況の中で、知恵を絞り、工夫をし、事業の改廃なども行いながら、選択と集中を心掛け、予算を作り上げてまいりました。

快適性の面では、特に教育分野において、学校体育館のトイレの洋式化を始めとするトイレ改修、小学校図工室へのエアコン設置、生涯学習センターのトイレ改修などに取り組みます。

将来に向けては長期総合計画の策定に取り組んでおり、今年度からは、都市計画マスタープラン・財政健全経営計画の策定や見直しに向けても動き始めます。また、北部・北西部地域における公共施設の再編に向けた施設機能のあり方についての検討着手することとし、その中で子育て支援機能のあり方についても考えてまいります。都市計画道路の整備も推進し安全で安心な地域を目指してまいります。

そして、上の原地区に新たな屋外運動施設も完成いたします。また、デマンド型交通の実験運行を実施し、公共交通空白地域の解消を図り、交通利便性の向上を目指します。

このような31年度予算ですが、前年度比2.3%減に抑えることができました。厳しい財政状況のため歳出抑制に努力したこともありますが、前年度まで力を入れてきた待機児童解消策や上の原地区のまちづくりなどがひと段落したことも要因です。都内ではまだまだ待機児童対策が続いておりますが、当市においては保育施設の開設に注力し提供体制を整えてまいりました。上の原地区のまちづくりも着実に進めてまいりました。持続するまちづくりの重要な要素としての取り組みが進んでいる証です。

しかし、依然として厳しい財政状況に変わりはありません。これらの投資的事業を実施するには、貯金を取り崩し、借金もしながら市政運営を行っているのが現状です。しかし、これは未来への投資であります。将来を担う子供たちが笑顔で暮らせる環境を目指し、健全な財政運営と持続する市政運営に向けスタートいたします。

(平成31年4月15日掲載)

 

このページに関するお問い合わせ

企画経営室 秘書広報課 秘書係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7712 ファクス:042-470-7804
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る