エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > こんにちは市長です > 市長コラム「ライジングサン」 > 平成29年2月 まちの福祉を担う民生・児童委員


ここから本文です。

平成29年2月 まちの福祉を担う民生・児童委員

ページ番号 1008982 更新日  平成29年2月15日

市長コラム「ライジングサン」

まちの福祉を担う民生・児童委員

民生・児童委員の制度をご存じでしょうか。

民生委員は、それぞれ担当する区域において常に住民の立場に立って相談に応じ、必要な援助を行い、社会福祉の増進に努める方々で、児童委員を兼ねています。
児童委員は、地域の子どもたちが元気に安心して暮らせるように、子どもたちを見守り、子育ての不安や妊娠中の心配ごとなどの相談・支援などを行い、主任児童委員は子どもや子育てに関する支援を専門に担当しています。

市では昨年12月、新たに3年の任期を迎える民生・児童委員52人に、厚生労働大臣の委嘱書を交付しました。市民福祉向上のため、民間の奉仕者として献身的に取り組んでいただいていることに、心から感謝いたします。
しかし、まだ欠員のある区域が28区域もあることから、空白区域の解消に向け努力をしていく必要があります。
また、今回を機にお辞めになる方もいらっしゃいましたが、長きにわたり多大な貢献をしていただいたことに、心から感謝を申し上げます。

市内では、まだまだ多くの方がさまざまな分野で貢献してくれています。
改めて心から敬意を表すとともに感謝を申し上げます。

私は地域の支え合い、絆づくりを大切に考えており、そのようなまちづくりに民生・児童委員の皆さんも大切な役割を果たしていただいていると思っております。

さて、支え合うまちづくりには、お互いを思う気持ちや感謝の心も大切に育てていく必要があると思います。
進んで手を差し伸べてくれる人、そして素直に感謝できること。ささやかなことでもその思いを大切に、支え合うまちづくりに向け絆が広がっていくことを願っております。

 

(平成29年2月15日掲載)

 

このページに関するお問い合わせ

企画経営室 秘書広報課 秘書係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7712 ファクス:042-470-7804
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る