エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > こんにちは市長です > 市長メッセージ > 平成29年 冬


ここから本文です。

平成29年 冬

ページ番号 1008914 更新日  平成29年1月19日

天候にも恵まれ、穏やかな新年を迎えられましたが、松の内を過ぎたあたりから冬の寒さが日増しに厳しくなってきました。
市民の皆さまは、いかがお過ごしでしょうか?風邪などひかないようにご注意ください。

さて、平成28年9月の市議会定例会以降の主だった市政の動きについて、ご報告致します。
まずは、市政で抱えている懸案課題の進捗状況についてです。

(1) 地方創生・産官学連携協定の締結

地方創生推進交付金を活用した「産官学連携した次世代を担う子どもたちの育成事業」の推進にあたり、昨年11月に亜細亜大学(本部・武蔵野市)と包括的連携協定を、また株式会社セブン-イレブンジャパン、株式会社イトーヨーカ堂と地域活性化包括連携協定を締結しました。亜細亜大学とは人的・知的資源の交流及び物的資源の活用を図り、相互に協力して人材育成と地域社会発展に寄与することを目指してまいります。
株式会社セブン-イレブンジャパン、株式会社イトーヨーカ堂とは相互連携を強化し、市内における地域の一層の活性化を目指してまいります。
併せて、「東久留米市高齢者みまもりに関する覚書」を締結し、みまもり活動に参加いただき地域で支えるまちづくりを進めてまいります。
その旨、12月議会において行政報告を行いました。

(2) 「東久留米市立中央児童館の今後の運営方法について(案)」について

庁内検討委員会で検討等してきましたが、中央児童館に指定管理者を導入し、開館時間の延長など市民サービスの向上に努めていくことを内容とするもので、その報告がありました。市議会へも情報提供させていただきましたが、この内容を方針案として、パブリックコメントを実施しました。
今後、パブリックコメントでの市民の皆様からのご意見等も踏まえ、市としての方針を決定してまいります。

(3) 東久留米市地域公共交通の充実に向けた検討プロジェクトチーム(検討PT)からの報告書

地域公共交通に関しては、庁内に設置した検討PTから「東久留米市内における地域公共交通の新たな取り組みの検討結果」について報告があり、8つの提言を受けました。市議会へも情報提供させていただきましたが、年度内を目途に方向性を決めてまいりたいと思います。

(4) 今後の東久留米市立図書館の運営方針について、教育委員会にて議論がされております。

教育委員会に設置した検討委員会での検討結果を受けて、今後の市立図書館の運営方針に関して教育委員会で議論等を重ね、方針案を取りまとめパブリックコメントを実施しました。
今後は、教育委員会としてパブリックコメントでの市民の皆様からのご意見等も踏まえ、市としての方針を決定していくと伺っております。


続きまして、昨年12月に開催された平成28年第4回市議会定例会における主な審議内容等につきましてご報告致します。

1)教育委員の任命(再任)

現委員である尾関謙一郎氏の任期が平成29年2月28日をもって満了となります。引き続き、同委員を任命(再任)することで議会の同意を求め、承認されました。

2)損害賠償請求事件に関する和解について

自死された市職員の遺族から求められていた損害賠償請求事件につきましては、裁判所から和解勧告を受け、和解を成立させるため議会の議決を求めました。併せて、和解金について補正予算を計上し、ご議決をいただきました。同事件発生に関して、ご遺族や関係者に対して遺憾の意を表しました。

3)男女平等推進センターの移転

東久留米市男女平等推進センターについては、現施設の賃貸借期間が平成29年3月末までとなる中で検討等してまいりました。女性活躍等の視点から、本庁舎1階のハローワークとともに市役所本庁舎2階へ移転することとなり、この変更に伴う条例改正を提案し、ご議決をいただきました。

4)市立さいわい保育園の定員改定

平成29年4月1日より近隣地に新設園が開園することに伴い、さいわい保育園を平成31年4月1日に閉園し、閉園するまでの間の定員を変更するため条例改正を提案し、ご議決をいただきました。

5)補正予算の概要

一般会計補正予算を提案し、ご審議等をいただきご議決をいただきましたが、その主な内容は以下のとおりです。

(1) 待機児童解消に向け小規模保育事業所整備(定員45人の増)により、地域型保育事業運営費を増額しました。

(2) 認可外保育施設を利用する家庭への認可外保育施設保護者助成金について、東京都認可外保育施設利用支援事業を活用し、事業実施期間中に限り上乗せするために増額しました。

(3) 庁内レイアウト変更につきましては、子育て、介護保険制度の改正などにより本庁舎1階の福祉保健部フロアが手狭となり、現男女平等推進センターの賃貸借期限が本年3月末までとなる中で、7階の旧食堂跡を改修し事務スペースや会議室などへの活用し、1階福祉保健部のフロアや女性活躍を目指した2階の市民部フロアを改修することから工事等のための経費を計上しました。
これにより、市民サービスの向上に努めてまいります。
なお、現男女平等推進センターについては、原状回復のための工事を行う必要があることから必要経費を計上しました。

(4) 神宝小学校校規模改造工事につきまして、国の補正予算により学校施設環境改善交付金の交付決定を受けたことから、特別教室等への空調機設置工事を追加し増額しました。


現在、平成29年度予算編成作業に取り組んでおります。これまで、市民の皆様のご理解、ご協力により、社会保障関係経費が増加傾向にある中でも市債を減らし財政指標が改善するなどの市政運営を進めることができました。
しかし、少子高齢化等の影響は大きく財政事情は厳しい状況が続いております。未来への責任を持ち、夢と希望の持てる元気な東久留米を目指しさらなる努力が必要であると感じる次第であります。
この状況を市民の皆様と共有し、お知恵とお力をお借りし、目先だけではない大局的な視点を持ち、この難局を乗り越えていく必要があります。
そして、将来を見据えた夢と希望の持てる元気な東久留米を築いてまいります。

 

(平成29年1月19日)掲載

このページに関するお問い合わせ

企画経営室 秘書広報課 秘書係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7712 ファクス:042-470-7804
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る