エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > こんにちは市長です > 市長メッセージ > 平成27年 秋


ここから本文です。

平成27年 秋

ページ番号 1005500 更新日  平成27年10月14日

皆さんこんにちは、季節は秋です。
芸術、読書、スポーツ、食欲、様々な秋がありますが皆さんの秋はいかがでしょうか?

さて、8月31日から9月17日まで市議会第3回定例会が開催されました。この間に多くの懸案課題の進展がありましたのでご報告致します。

1 財政健全経営計画の策定について

まずは財政健全経営計画の策定についてです。市長就任時から着手し、市民の皆さんが加わった財政健全経営検討会議を立ち上げてから約1年半掛け、財政健全経営計画(実行プラン)を策定致しました。ご協力頂いた皆さんに心から感謝いたします。この計画は、健全な財政運営と持続的成長の好循環を実現するため、不断の行財政改革と魅力あるまちづくりを両輪とした取り組みを進める計画です。皆さんもご承知の通り、長引く不況や少子高齢化の影響等で、行政サービスを支える中心である個人市民税は長期的には減少傾向にあり、一方社会保障に関する経費は急速に増大しています。まさに収入が減少し支出が増加する状況です。そのような厳しい背景の中で、この計画では自治体としての経営目標を示し、将来に亘り持続可能な市政運営を行っていくため財政規律などの視点も加え不断の行財政改革を進める一方で、地域の活性化を図り、まちの魅力を高めていくための取組みを示しました。平成28年度からスタートし平成32年度までの5年間に取り組む計画となっています。

2 旧大道幼稚園跡の新児童館について

次に旧大道幼稚園跡の新児童館についてですが、先の第2回定例会にて新築を基本として詳細を検討し判断する旨の考えを示してまいりましたが、ここでその方針を決定するとともに補正予算にて基本設計等を計上致しました。新築で平屋建てとし平成30年春の開設を目指し取り組んでまいります。

3 保育料・学童保育使用料の改定について

続いて保育料・学童保育使用料の改定についてであります。子ども子育て会議から「子ども子育て支援新制度における利用者負担の適正なあり方について」の答申を頂きその答申を尊重し利用料改定の条例の提出を致しました。これまで待機児解消やサービスの拡充に努めてまいりましたが、待機児童の解消をはじめとする今後の子育て支援事業の維持や拡充のために利用者の皆さんにご協力を頂くものです。改定に向けましては利用者への説明等遺漏無きよう進めてまいります。

4 家庭ごみ有料化導入について

先の第2回定例会では「早い時期に判断してまいりたい」と答弁して参りましたが、今回の定例会でごみ減量を目指す手段としての家庭ごみ有料化導入に向けた動きを再始動致しました。関連するアンケート調査費の計上をしております。これまで家庭ごみ有料化に向けての取り組みは約10年もの歴史があり、市民意見交換会や減量化説明会など2年間で1,800回を超す説明会等多くの取り組みを続けて参りました。この間の取り組みを踏まえ、更なるごみの減量と負担の公平性の視点から有料化の必要性を再認識すると共に、東京都市長会において家庭ごみの有料化を推進してきた経緯などを鑑み、家庭ごみ有料化を推進する必要があると考えております。今後は有料化に向けた実施計画案を作成し、その計画案に対し市民の皆さんからご意見を伺う予定であります。

 

今定例会では、以上のように長い間解決できない懸案事項の解決を図るべく動き始めました。多くの市民の皆さんにご理解ご協力いただけるよう情報発信に努めてまいります。

さて、私が就任から目指している地域の繋がり地域の絆づくりに向け、少しずつ動き始めております。まずは市民みんなのまつりにて、市内で活躍する団体の方々を中心に事業を行って頂く予定です。事業の内容ですが、多くの市民の方に協力をして頂き「東久留米音頭」を踊りたいと思います。古くから繋がる東久留米のソウルを感じながらみんなで体を動かし、笑顔がつながっていければと思います。祭り当日は、市民の皆さんにもどんどん参加して頂きたいと思っております。大きな目標である地域の繋がりづくりを目指し、先ずは踊りをきっかけに繋がっていければと思います。

(平成27年10月13日)掲載

このページに関するお問い合わせ

企画経営室 秘書広報課 秘書係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7712 ファクス:042-470-7804
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る