エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > 税・保険・年金 > 市税 > 個人住民税 > 市民税・都民税の申告


ここから本文です。

市民税・都民税の申告

ページ番号 1000853 更新日  平成27年3月21日

申告をしなければならない人

1. その年の1月1日現在、東久留米市に居住し、前年中(1月~12月) に所得があった方
2. 給与所得のある方で次に該当する人

  • 勤務先から東久留米市役所へ 「給与支払報告書」 の提出がない場合。
    提出の有無は勤務先に確認してください。
  • 配当・地代・家賃・原稿料・年金等、給与所得以外の所得があった人。

収入のなかった方も申告書を提出してください

前年中に収入のなかった人でも申告することにより、非課税証明書の発行、国民健康保険税の算定、老齢福祉年金等の支給、後期高齢者医療制度の保険証やシルバーパスの発行等の基礎資料となりますので、申告書裏面の該当箇所に記入のうえ、提出してください。

申告の必要がない人

  1. 所得税の「確定申告書」を税務署に提出する人。
  2. 収入が給与所得だけの人で、勤務先等により東久留米市役所に「給与支払報告書」の提出があった人。
  3. 収入が公的年金収入のみで、支払先から東久留米市役所へ「公的年金等支払報告書」が提出されている方

なお、上記に該当する人や、同居親族に扶養されている人で、所得が35万円以下の人は申告の必要がありません。

申告の要否判断チャート

申告の要否判断チャート

申告に必要なもの

  1. 申告書及び印鑑
  2. 前年分の源泉徴収票
  3. 給与所得以外の人は、収入金額や必要経費の算定基礎となる帳簿や領収書など
  4. 前年中に支払った国民健康保険税等及び国民年金の領収書等
  5. 生命保険料や地震保険料等の支払証明書、医療費の領収書
    医療費の合計額はご自身で計算してください。
  6. 障害者控除をうけられる方は障害者手帳、又は「障害者控除対象者認定書」(要介護の人)
  7. 勤労学生の人は、在学証明書または学生証

市民税・都民税の申告書については、前年も同様の申告をされた方には市より郵送しておりますが、昨年申告されていない方はお送りしておりませんので、ご請求いただくか、市役所2階の課税課にてお受け取りください。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明にしたがってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

市民部 課税課 市民税係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7777 普通徴収担当(内線2333~2335)、特別徴収担当(内線2336、2337)、軽自動車税担当(内線2331、2332) ファクス:042-470-7806
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る