エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > 税・保険・年金 > 国民年金 > こんなときには届け出を


ここから本文です。

こんなときには届け出を

ページ番号 1000353 更新日  平成29年7月22日

届出窓口

市役所1階保険年金課

マイナンバーについて
年金の一部手続きについては、マイナンバーが必要となります。

20歳になったとき

20歳になったときは、国民年金被保険者資格取得届書の提出が必要です。また、20歳になる前に基礎年金番号を取得している方は「基礎年金番号確認のお願い」の提出が必要となります。

婚姻しており、配偶者の厚生年金や共済年金の扶養となっている場合には、配偶者のお勤め先で第3号被保険者の加入手続きが必要となります。

お手続きに必要なもの

  • 認印(ご本人以外の方が手続きする場合)

*別世帯の代理人が手続きする場合には、上記の他に、委任状・代理人の認印が必要です。

住所、氏名が変更となったとき

第1号被保険者の方の住所、氏名が変更になったときには市保険年金課で手続きが必要になります。厚生年金や共済年金、第3号被保険者の方はお勤め先でお手続きください。

お手続きに必要なもの

  • 年金手帳
  • マイナンバー確認書類(通知カード等)
  • 手続きする方の身元確認書類(運転免許証等)                           

*別世帯の代理人が手続きする場合には、上記の他に、委任状・代理人の認印が必要です。

年金手帳の再交付を受けるとき

年金手帳を紛失したときは、手続きをすることで再交付を受けることができます。年金手帳はお手続きをしてからお手元に届くまで1カ月程かかります。お急ぎの場合は、武蔵野年金事務所へお問い合わせください。

お手続きに必要なもの

  • 認印(ご本人以外の方が手続きをする場合)

*別世帯の代理人が手続きする場合には、上記の他に、委任状・代理人の認印が必要です。

会社を退職したとき

60歳未満の方が会社を退職したときは、厚生年金や共済年金(第2号被保険者)から国民年金(第1号被保険者)への切替えが必要となります。

また、配偶者を扶養としているときは、配偶者の第3号被保険者から第1号被保険者への切替えも必要となります。

お手続きに必要なもの

  • 離職証明書などの退職日が分かるもの
  • 年金手帳
  • 認印(ご本人以外の方が手続きする場合)
  • マイナンバー確認書類(通知カード等)
  • 手続きする方の身元確認書類(運転免許証等)

*別世帯の代理人が手続きする場合には、上記の他に、委任状・代理人の認印が必要です。

配偶者の扶養をはずれたとき

配偶者の扶養からはずれたときは、第3号被保険者から第1号被保険者への切替えが必要となります。

お手続きに必要なもの

  • 扶養からはずれた証明書
  • 年金手帳
  • 認印(ご本人以外の方が手続きする場合)
  • マイナンバー確認書類(通知カード等)
  • 手続きする方の身元確認書類(運転免許証等)

*別世帯の代理人が手続きする場合には、上記の他に、委任状・代理人の認印が必要です。

海外へ転出する人が、引き続き国民年金に加入するとき

海外へ転出すると、国民年金(第1号被保険者)の資格が喪失となります。そのため、引き続き国民年金へ加入を希望するときには、任意加入の手続きが必要になります。

お手続きに必要なもの

  • 年金手帳
  • 認印(ご本人以外の方が手続きする場合)
  • マイナンバー確認書類(通知カード等)
  • 手続きする方の身元確認書類(運転免許証等)

*別世帯の代理人が手続きする場合には、上記の他に、委任状・代理人の認印が必要です。

海外に住む任意加入被保険者となる方の支払い方法

親族の方(協力者)に依頼して、加入手続きや保険料納付を代行してもらいます。親族の方(協力者)がいない場合や海外に住んでから手続きをする場合は、武蔵野年金事務所にご相談ください。電話:0422-56-1411

このページに関するお問い合わせ

福祉保健部 保険年金課 国保年金資格係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7732 ファクス:042-470-7805
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る