エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > くらしと仕事 > 消費生活 > 消費生活の正しい知識 > エステなどの長期契約も解約できます


ここから本文です。

エステなどの長期契約も解約できます

ページ番号 1004506 更新日  平成28年7月20日

質問

エステティックサロンに6カ月間のチケットを購入して、通い始めましたが、内容が思っていたものと違い、行かなくなりました。解約出来るでしょうか。

回答

長期間継続的にサービスを受ける、6つのサービス契約((1)エステティックサービス(2)語学教室(3)パソコン教室(4)学習塾(5)家庭教師(6)結婚相手紹介サービス)については特別に解約できるルールがあります。これらのサービスは、内容の詳細を事前に確認することが困難であり、実際にサービスを受けて初めて分かるという面を持っているため、「セールストークに乗せられてつい長期間の契約をしてしまったが解約したい」等のトラブルが生じやすいからです。

通常、クーリングオフ(無条件解約)は、訪問販売や、電話勧誘販売で予期せぬ勧誘によって契約をしてしまった場合に適用されますが、先に挙げた6つの契約も、クーリングオフや中途解約が認められています。契約書面を受け取った日から8日間以内であれば、自分から店舗に出向いて契約した場合でも、理由のいかんにかかわらずクーリングオフができます。

また、サービスの提供の際に、購入する必要があるとして契約した商品(たとえばエステの化粧品や語学教室のDVDなどの関連商品)についてもクーリングオフや解約が可能です。クーリングオフ期間が経過してしまった後でも、契約額が5万円を超え、2カ月(エステティックサービスは1カ月)を超える期間の契約は、利用済みのサービスの料金に違約金を加算して支払えば、解約ができます。また、業者が請求できる違約金には上限が定められています。

 契約上のことなどで困ったことがあるときは、消費者センターにご相談ください。

消費者相談

  • 平日の午前10時から午後4時
    市消費者センター(市役所2階生活文化課内) 電話 042-473-4505

  • 土曜の午前9時から午後5時
    平日、日曜日、祝日の午前10時から午後4時
    消費者ホットライン 188番

                         (広報ひがしくるめ平成27年5月15日号掲載)

このページに関するお問い合わせ

市民部 生活文化課 市民協働係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7738 ファクス:042-472-1131
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る