エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > くらしと仕事 > 消費生活 > 消費生活の正しい知識 > またまた増えてきた「ワンクリック請求」


ここから本文です。

またまた増えてきた「ワンクリック請求」

ページ番号 1004321 更新日  平成28年7月20日

質問

スマートフォンで、無料だと思ったアダルトサイトにアクセスし、「18歳以上」と書かれたところをタッチしたら「登録完了!登録料として9万円お振込みください」という請求画面が表示された。あわてて「退会希望の方はコチラ」と書かれたところをタッチすると、業者に電話が繋がり、退会するなら6万円を振り込むよう言われた。払わなければいけないのか。

回答

パソコンで無料をうたうアダルトサイトにアクセスし、気付くと有料会員登録をされていて、高額な料金を請求されるという「ワンクリック請求」が何年も前からありますが、同様のトラブルがスマートフォンにも広がっています。手口や、支払方法なども多様化しており、若者だけでなく、高齢者や女性からの相談も多くなっています。

 最近では、今回のケースのように、「問い合わせ先」や「退会する方はコチラへ」などの表示をタッチして連絡をしてしまう人が増えています。業者は、「契約は成立しているから○万円支払う義務がある。支払わなければ裁判をおこす。」などの脅し文句を並べます。

 本来、こうしたワンクリック請求は、契約が成立したとは言い難く、無視をするのが一番です。連絡をしてしまうと、電話番号などの個人情報を知られ、請求がしつこく続きます。その場合は、断固支払いは拒否しましょう。メールアドレスや電話番号を変えるのも1つの方法です。

一度でも支払いをしてしまうと、様々な理由をつけて何度も支払いを要求されます。最近は、振込のほかに、コンビニでポイントを決裁させるケースもあり、業者の特定もより難しくなっています。

 支払ってしまったお金を取り戻すのは困難です。おかしいと思ったらすぐに消費者センターに相談しましょう。

消費者相談

  • 平日の午前10時から午後4時
    市消費者センター(市役所2階生活文化課内) 電話 042-473-4505

  • 土曜の午前9時から午後5時
    平日、日曜日、祝日の午前10時から午後4時
    消費者ホットライン 188番

                         (広報ひがしくるめ平成27年3月15日号掲載)

このページに関するお問い合わせ

市民部 生活文化課 市民協働係
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7738 ファクス:042-472-1131
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る