エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 暮らしの情報 > くらしと仕事 > 平成28年度臨時福祉給付金及び障害・遺族年金受給者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)


ここから本文です。

平成28年度臨時福祉給付金及び障害・遺族年金受給者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)

ページ番号 1007949 更新日  平成28年12月29日

平成28年度臨時福祉給付金及び障害・遺族年金受給者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)の申請受付は終了しました

平成28年度臨時福祉給付金及び障害・遺族年金受給者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)の申請受付は12月28日(水曜日)をもって終了しました。

平成28年度臨時福祉給付金とは

消費税率の引き上げによる影響を緩和するため、所得の少ない方々に対して、制度的な対応を行うまでの間の暫定的・臨時的な措置として、臨時福祉給付金を支給します。

基準日
平成28年1月1日
支給対象者
基準日に市内に住民登録がある方で、平成28年度分の市民税(均等割)が課税されていない方。
※ただし、課税されている方に扶養されている場合や、生活保護受給者などは対象外となります。
給付額
1人につき3千円
申請期間
平成28年9月2日(金曜日)から平成28年12月28日(水曜日)

障害・遺族年金受給者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)とは

「一億総活躍社会」の実現に向け、賃金引上げの恩恵が及びにくい所得の少ない年金受給者の方々への支援として、障害・遺族年金受給者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)を支給します。

基準日
平成28年1月1日
支給対象者
平成28年度臨時福祉給付金の支給対象者であり、かつ次の支給要件に該当する年金について、平成28年5月分の受給がある方。
※ただし、高齢者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)を受給された方は対象外となります。
年金の種類

1 障害基礎年金又は遺族基礎年金

 

2 昭和61年3月以前に受給権が発生した、国民年金、厚生年金保険(旧農林年金を含みます)及び船員保険の障害年金(障害等級が1級又は2級(船員保険の職務上の障害年金は1~5級)の年金に限ります)

 

3 昭和61年3月以前に受給権が発生した、国家公務員共済組合、地方公務員共済組合、地方公務員共済組合・全国市町村職員共済組合連合会、日本私立学校振興・共済事業団が支給する障害年金及び船員障害年金(障害等級が1級又は2級の年金に限ります)

 

※日本年金機構より6月上旬に送付される年金払込通知書・年金支払通知書の「年金の制度・種類」欄又は「年金の種類欄」の「〇〇 年金」の右横に「★」マークが付されている方が対象の年金となります。通知書や証書に記載されている次の年金コードを参考にして下さい。

 

【対象となる年金コード】

●障害

0330(1、2級)、0340(職務上1~5級、職務外1、2級)、

0360(1、2級)、0620、1350(※)、2650、5350、6350など
●遺族

1450(※)、2750、2850、6450など

※厚生年金のみの受給は除きます。

給付額
1人につき3万円
申請期間
平成28年9月2日(金曜日)から平成28年12月28日(水曜日)

配偶者からの暴力を理由に避難している方へ

配偶者からの暴力を理由に避難している方が事情により、平成28年1月1日以前に今お住まいの市区町村に住民票を移すことができていない方は手続きをしていただくことで次のような措置が受けられます。

  1. 配偶者からの暴力を理由に避難している方が手続きを完了した後に、配偶者等から代理申請がなされた場合、配偶者等に対して手続きを行った方の平成28年度臨時福祉給付金及び障害・遺族年金受給者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)は支給しません。
    ※配偶者からの暴力を理由に避難している方が手続きを完了する前に、配偶者等から代理申請がされ支給が完了している場合は除きます。
  2. 住民票がある市区町村と今お住まいの市区町村が異なる場合は、今お住まいの市区町村に平成28年度臨時福祉給付金及び障害・遺族年金受給者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)の支給の申請を行うこととなります。
     

平成28年度臨時福祉給付金や障害・遺族年金受給者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)を装った「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意ください

  • 市町村や厚生労働省などがATM(銀行・コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いすることは、絶対にありません
  • ATMを自分で操作して、他人からお金を振り込んでもらうことは絶対にできません。
  • 市町村や厚生労働省などが、「平成28年度臨時福祉給付金」や「障害・遺族年金受給者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)」を支給するために、手数料の振込を求めることは絶対にありません。
  • 市町村や厚生労働省やその職員などをかたった不審な電話や郵便があった場合は、お住まいの市町村や警察署または警察相談専用電話(#9110)にご連絡ください。

詳細についての問い合わせ

東久留米市臨時福祉給付金コールセンター
電話番号:042-470-7863(土曜・日曜日、祝日を除く午前8時30分~午後5時15分)

このページに関するお問い合わせ

総務部 総務課 臨時福祉給付金担当
〒203-8555 東京都東久留米市本町3-3-1
電話:042-470-7863 ファクス:042-470-7804
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページのトップへ戻る